日産自動車は2022年5月20日、新型EV(電気自動車)の「日産サクラ」(以下、サクラ)を同年夏に発売すると発表した。サクラは19年3月にフルモデルチェンジした軽ワゴン「日産デイズ」(以下、デイズ)の基本骨格を流用しながら、バッテリーやモーターを搭載している。

「日産サクラ」の名にふさわしく、桜色をまとう。価格は233万3100~294万300円(消費税込み、そのほかの税別)。ただしクリーンエネルギー自動車導入促進補助金を活用した場合の実質購入価格は、約178万円(同)からとなる予定
「日産サクラ」の名にふさわしく、桜色をまとう。価格は233万3100~294万300円(消費税込み、そのほかの税別)。ただしクリーンエネルギー自動車導入促進補助金を活用した場合の実質購入価格は、約178万円(同)からとなる予定

 サクラという日本語の名を与えられた同車は、その名にふさわしく、随所に和のモチーフを取り入れている。インパネ周りの収納には桜の花びらをちりばめ、アルミホイールなどには「ご祝儀袋」などに用いられる「水引」をモチーフにした装飾を施している。グリルやテールランプなどには「格子」をデザインするなど、日本の伝統的な美を、最も現代的と言えるEVのデザインとうまく融合させている。

/

ボディーカラーで四季を表現

 全15色を用意したボディーカラーには、四季の彩りをイメージさせるシーズンズカラー4色を設定。満開の桜のような「ブロッサムピンク」、夏の青空を思わせる「ソルベブルー」、実りの秋のような「暁─アカツキ─サンライズカッパー」、雪景色を思わせる「ホワイトパール」と、ボディーカラーでも四季の移ろいを表現し、日本の美意識を取り入れた。

全15色のボディーカラーには、四季を思わせるシーズンズカラー4色を設定。左から「ブロッサムピンク」(春)、「ソルベブルー」(夏)、「暁─アカツキ─サンライズカッパー」(秋)、「ホワイトパール」(冬)
全15色のボディーカラーには、四季を思わせるシーズンズカラー4色を設定。左から「ブロッサムピンク」(春)、「ソルベブルー」(夏)、「暁─アカツキ─サンライズカッパー」(秋)、「ホワイトパール」(冬)

 サクラの基本骨格はデイズと共通だが、エクステリアではボディーパネルを新たにデザインし直している。なめらかな面の表現やグリルの造形から、サクラは「デイズのEV版」ではなく、先行する同社のEVである「日産アリア」「日産リーフ」に続くEV3兄弟の“末っ子”としてデザインされていることが分かる。

ヘッドライトなどにアリアとの共通性

 特に、軽自動車初となるプロジェクタータイプの3眼ヘッドライトの形状や、ヘッドライトのいわゆる「目尻」からリヤエンドまで一気に伸びるキャラクターラインなどにより、アリアとの共通性を強く打ち出している。こうしてEV3兄弟を並べてみると、次期リーフのデザインの方向性も見えてくる。

 なお、デイズは日産と三菱自動車の合弁会社NMKV(東京・港)が開発したもので、兄弟車に「三菱eKワゴン/eKクロス」がある。三菱自動車も同日、サクラの兄弟車となるEV「eKクロス EV」を発表している。

(写真提供/日産自動車)

エアバッグ生地をシートに生かす“サステナブルカー”も
「人とくるまのテクノロジー展2022YOKOHAMA」から

 公益社団法人自動車技術会(東京・千代田)は2022年5月25~27日の3日間、パシフィコ横浜で「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」を開催した。エンジニア向けの自動車技術専門展だが、デザインの視点でも見逃せない。

 例えばマツダは、人間中心の自動運転コンセプトを掲げる「Mazda Co-Pilot Concept」の試作車を展示した。ドライバーの運転状態(視線や目の開き具合、首の動き、運転の仕方など)を常に把握し、突然の体調不良などが発生すると「副操縦士」(コ・パイロット)として自動運転システムが引き継いで走行。周囲にも異常を知らせながら、安全な場所に移動して停車、緊急通報まで行う。すでに技術発表しており、22年から順次、車に搭載していく。

マツダ「Mazda Co-Pilot Concept」の試作車
マツダ「Mazda Co-Pilot Concept」の試作車

 トヨタ自動車系部品メーカーの豊田合成は、「サステナブルマテリアルカー」のコンセプトを展示した。サステナブルとは「持続可能な」の意味。循環型社会の実現などに貢献するため、リサイクル材や廃材などを運転席の内装部品に活用した。例えばシートには製造段階で発生するエアバッグ生地の端材を使った。ナイロンにシリコンを塗布している生地で、非常に丈夫だ。撥水(はっすい)性も高く、水をこぼしても汚れにくい。同社はエアバッグ生地を活用したバッグなどもすでに販売している。フロアマットにもゴム製品の廃材を活用し、柔らかさを出した。

豊田合成はエアバッグ生地をシートに生かすなど「サステナブルマテリアルカー」のコンセプトを紹介
豊田合成はエアバッグ生地をシートに生かすなど「サステナブルマテリアルカー」のコンセプトを紹介

 日立製作所の自動車部品子会社、日立Astemo(アステモ、東京・千代田)は、タイヤのホイール部分に取り付ける「インホイールモーター」を出展した。インホイールモーターとは、モーターやインバーター、ブレーキが一体化したモーター。タイヤ部分だけで駆動できれば、ボンネットにエンジンやモーターなどを積む必要がなくなる。車内が広く使えるため、インテリアデザインにも影響を与えそう。同社のブースにはインホイールモーターを取り付けた試作車もあり、今後の進展に期待したい。

日立Astemoはタイヤ部分で駆動する「インホイールモーター」を出展
日立Astemoはタイヤ部分で駆動する「インホイールモーター」を出展
インホイールモーターを取り付けた日立Astemoの試作車
インホイールモーターを取り付けた日立Astemoの試作車
1
この記事をいいね!する