三菱自動車工業は軽自動車のクロスオーバーモデル「eKクロス」シリーズに、電気自動車(EV)モデル「eKクロスEV」を追加。2022年夏に発売することを22年5月20日に発表した。内外装デザインが全く異なる日産の新軽EV「サクラ」とは価格もターゲットも異なるようだ。

三菱自動車工業が発表した電気自動車の軽自動車「eKクロスEV」。今夏に発売予定だ
三菱自動車工業が発表した電気自動車の軽自動車「eKクロスEV」。今夏に発売予定だ
[画像のクリックで拡大表示]

軽自動車のeKシリーズとして発売

 三菱自動車工業の「eKクロスEV」は、日産自動車との合弁会社であるNMKV(東京・港)が開発・設計を手掛け、三菱自が生産する新型の軽EVだ。デザインが異なる日産の新軽EV「サクラ」とメカニズムや基本構造を共有している 関連記事:日産初の軽EV『サクラ』 実質価格180万円切りで普及に弾み

 位置づけとしては、01年に初代モデルが登場した三菱自の軽自動車「eKシリーズ」の一つとなる。19年に2代目にフルモデルチェンジした際、軽ハイトワゴン「eKワゴン」に加え、SUV(多目的スポーツ車)風のクロスオーバーモデルであるガソリンエンジンの軽ハイトワゴン「eK X(クロス)」を投入。eKクロスEVは、そのekクロスと内外装のデザインを共有している。量産EVのパイオニアとして09年に発売され、21年に販売終了となった同社の軽乗用EV「i-MiEV」の、事実上の後継モデルでもある(※1)。

 eKクロスEVの発表会に登壇した三菱自の加藤隆雄社長兼最高経営責任者(CEO)は、「航続距離が短い、高価、未来のクルマ」という、ユーザーがこれまでのEVに抱いてきたイメージを打ち破る存在がeKクロスEVであると強調。「将来検討すべき特別なクルマではなく、安心して気軽に選べる選択肢の一つ」(加藤社長)と言う。

※1:i-MiEVは、2018年の改良では、歩行者保護のためフロントバンパーを変更。全長拡大により、以降は登録車扱いとなっていた。
21年に販売を終了した三菱自の軽乗用EV「i-MiEV」。培った技術は三菱自の電動化の基礎となり、現在も同社の軽商用EVに活用されている
21年に販売を終了した三菱自の軽乗用EV「i-MiEV」。培った技術は三菱自の電動化の基礎となり、現在も同社の軽商用EVに活用されている
[画像のクリックで拡大表示]

カラーやフロントグリルでEV訴求

 eKクロスの派生車ではあるが、前後バンパーやフロントグリルなどを専用にデザインし、より力強い走りを連想させるものに変更。eKクロスの世界観を受け継ぎながらも、EV専用エンブレムを装着し、さらにEVらしさを想起させるクリーンなイメージのミストブルーパール/カッパーメタリックの2トーンカラーを専用色として新設定。ルーフ部のカッパー色は、モーターコイルからヒントを得ているそうで、EV感をアピールしている。

eKクロスにはなかったという、新設定の「ミストブルーパール/カッパーメタリック」は有料色8万2500円(税込み)となる
eKクロスにはなかったという、新設定の「ミストブルーパール/カッパーメタリック」は有料色8万2500円(税込み)となる
[画像のクリックで拡大表示]

 価格的にはエンジン車の上位モデルに相当することもあり、インテリアには7インチのフル液晶メーターパネルや電気式シフトレバーなど、EVらしい走りと利便性を高める専用装備となっている。上位グレードの「P」では、コネクテッド機能「MITSUBISHI CONNECT」や9インチの「スマートフォン連携ナビゲーション」、ETC2.0車載器などを標準化。さらにフェイクレザーを取り入れた上級シートによる「プレミアムインテリアパッケージ」を用意するなど上級モデルとしての演出を施している。

上位グレードの「P」にはコネクテッド機能や9インチの「スマートフォン連携ナビゲーション」システムなども搭載
上位グレードの「P」にはコネクテッド機能や9インチの「スマートフォン連携ナビゲーション」システムなども搭載
[画像のクリックで拡大表示]

航続距離はi-MiEVから向上

 走行性能は全車共通で、日産サクラとも同等だ。最高出力はeKクロスのターボエンジン車と同じ47kW、最大トルクは約2倍となる195Nmを発揮。発進時から最大トルクが得られるモーターの特性は、加速性能を大きく高める武器となる。

 駆動用バッテリーがi-MiEVが最大16.0kWhだったのに対し、eKクロスEVは20kWhまで拡大しており、これにより1回の充電当たりの航続距離はWLTC(世界統一試験サイクル)モードで180キロメートルとなっている。一般的な軽自動車ユーザーの1日の走行距離が50キロメートル以下であることを考慮すれば、通勤や買い物などの日常利用に十分な性能だという。

 充電機能については200V普通充電の場合、約8時間で満充電になるという(駆動用バッテリー温度が約25℃、駆動用バッテリー残量警告灯が点灯した時点からの時間)。急速充電を使えば約40分で80%まで回復する。例えば遠方に出かけた際、高速走行と急速充電を繰り返しても、エアコン冷媒を用いたバッテリー冷却システムを採用することで、高い充電量を維持できるとしている。また、家庭に電気を供給するV2H(ビークル・トゥ・ホーム)機器と接続することで、eKクロスEVを蓄電池としても活用可能。一般家庭なら、約1日分の電力を供給できる点も強みだ。

 気になるのは充電設備だ。22年2月末時点の地図大手ゼンリンの調べによると、公共充電設備は全国に約3万基で、伸び悩んでいるといわれる。しかし、経済産業省資源エネルギー庁によれば、20年度末時点の給油所(ガソリンスタンド)数が2万9005カ所だったことを考えると、数としては上回っていることになる。特に地方ではガソリンスタンドの減少に歯止めが掛からないため、自宅で充電可能なEVのメリットは大きいと三菱自は強調する。ただし急速充電器は8200基と限られており、充電時間には時間がかかることを念頭に置く必要はある。

充電ケーブルを挿すだけで、チャージできる
充電ケーブルを挿すだけで、チャージできる
[画像のクリックで拡大表示]

軽としては高価だが200万円は切る

 駆動用リチウムイオンバッテリーは薄型化し、全て床下に収めているため、室内の使い勝手や広さは、エンジン車のeKクロスと同じくらいだという。モーターは前輪側のみに搭載し、前輪のみを駆動する。ガソリン車にある4WDは非設定だ。

 高度な駐車支援機能となる「マイパイロットパーキング」を、三菱自の軽自動車として初採用。EVの特性を生かし、アクセル操作のみで加減速が行える「イノベーティブペダル オペレーションモード」を備えるなど、電動車ライフを実感できる先進機能を積極的に搭載しているのも特徴だ。

 グレード構成はエントリーの「G」(239万8000円、税込み)、装備を充実させた上位グレード「P」(293万2600円、同)の2タイプ。価格は軽自動車としては高価な200万円台となるが、「クリーンエネルギー自動車導入促進補助金」(CEV補助金)の対象となり、国から55万円のサポートが受けられるため、実質的な価格はGが184万8000円(税込み)、Pが238万2600円(同)まで下がる。自治体独自の補助金制度が活用できる場合はさらに購入価格が抑えられ、結果、エンジン車の軽自動車と遜色ない価格帯で購入できるという。

後席の足元はガソリン車とそん色ない広さという
後席の足元はガソリン車とそん色ない広さという
[画像のクリックで拡大表示]

SUVなどはPHEV、軽はEVに

 三菱自によれば、補助金の拡大がEVの購入価格をエンジン車並みにしているとのこと。税金や保険料、メンテナンス費用まで含んだリース契約の「ウルトラマイカープラン」を5年間利用した場合、eKクロスEVのGタイプの場合、CEV補助金の適用で月々の支払いは約3万4100円(税込み)となる。同条件でのターボエンジン車の「eKクロスT(FWD)」の月々の支払いは約3万4200円(同)なので、同等といえるだろう。

 eKクロスEVで最上級タイプの「P」を選ぶと、月々の支払いは約3万9600円(同)と差が開く。だが、それでも月額5000円程度の差に収まっている。例えばeKクロスTにオプション扱いのナビゲーションシステムなどの費用を含めると、より価格差は縮まる。さらに三菱自の試算では、走行に必要なエネルギー代を付加すると、その差は一層縮まるという。残価設定プランを適用した場合も、同条件であれば大きな差にはならないそうで、費用面での課題はクリアされつつある印象だ。

 三菱自は、国内では「アウトランダー」に代表されるSUVなどはPHEV、軽自動車のような小さい車はEVが最適であるとし、今後電動化戦略を強化していくことにも言及した。

【例】ウルトラマイカープラン(5年)の場合(三菱自の資料を基に筆者作成)
【例】ウルトラマイカープラン(5年)の場合(三菱自の資料を基に筆者作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 興味深いのは、三菱自ではeKクロスEVはシティーコミューターとしてプッシュしており、遠方に出かけることが多いユーザーにはエンジン車のeKクロスを薦めている点だ。日産サクラとは異なり、eKクロスシリーズとして展開していることもあり、「近距離移動の身近なクルマ」というEVの立ち位置を明確に打ち出す考えだ。ターゲットユーザーも一軒家に住むクルマを複数台保有する30~50代の夫婦で、主に日常使いのセカンドカーに選ぶ人としている。

 現在、軽乗用車でEVも選択肢に入れている人に対し、エンジン車とEVのどちらを選ぶべきか判断基準を明確にしている点は、ユーザーの軽EVの理解を高めることにも貢献しそうだ。

(撮影/大音安弘)