「クリックオープン構造」を応用した蓋を開発した(画像提供/サーモス)

早くも反響 サーモスが20年ぶりに「炭酸飲料ボトル」を復活

2022年04月22日
  • サーモスの「保冷炭酸飲料ボトル」。容量500ミリリットルタイプはシルバー、レッド、ライトブルーの3色で本体寸法は幅×奥行き×高さが約6.5×約6.5×約24センチ、重さは約0.2キログラム、価格はオープンで公式オンラインショップでは3300円(税込み、以下同)。750ミリリットルタイプはシルバーとレッドの2色で、本体寸法は約7.5×約7.5×約28センチ、重さは約0.3キログラム、価格は同3850円(画像提供/サーモス)
  • 「クリックオープン構造」を応用した蓋を開発した(画像提供/サーモス)
  • 栓には硬い樹脂を採用しているという
  • 口径は500ミリリットルタイプ、750ミリリットルタイプ共に3.6センチメートル。蓋は洗いやすい構造になっている
  • 炭酸飲料が入れられるとはいえ、見た目はすっきりとしており、日常的に使いやすいデザインになっている(画像提供/サーモス)
  • サーモスによれば、保冷効力は6時間で10度以下。実際に使用してみたところ、5時間で2.8度、温度が上がっただけだった