全国小売店の販売データを集計する日経POS情報で、2022年1月の来店客1000人当たり販売金額の前年同月比伸び率を調査した。食品カテゴリー(小分類)の増加率で、68.1%増と大きな伸びを見せたのが「クロワッサン」。リードしたのはフジパンの「生くろわっさん」だった。

朝食にクロワッサンが人気!?(写真/Shutterstock)
朝食にクロワッサンが人気!?(写真/Shutterstock)

 日経POS情報の食品カテゴリー(小分類)における2022年1月の来店客1000人当たり販売金額前年同月比伸び率トップ10は以下の通り。

食品カテゴリー(小分類)の来店客1000人当たり販売金額の前年同月比
食品カテゴリー(小分類)の来店客1000人当たり販売金額の前年同月比
出所:日経POS情報(2022年1月)※来店客1000人当たり販売金額200円以上のカテゴリーを抽出

 トップは前年の一時販売停止から復活した「ミロ」が引き上げた「麦芽ミックス」。2位はコカ・コーラ「綾鷹カフェ抹茶ラテ」人気で上昇した「緑茶乳飲料」。3位はダイエットや美容効果への期待から中高年女性に人気になった「オートミール」。4、7、8、10位の即席および冷凍食品の増加は、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染拡大で再び巣ごもり生活になった影響が大きい。9位の「植物性ミルク」は江崎グリコの「アーモンド効果」人気がリードしている。

▼関連記事 「ミロ」はツイートでブレイクして販売休止に 大人女性に響いた? 「綾鷹カフェ 抹茶ラテ」販売再開 SNS時代には販売予測が困難に 「オートミール」の販売金額がコロナ前比4倍超、ケロッグも参戦 グリコ「アーモンド効果」躍進 植物性ミルクの販売金額が倍増

 では6位の「クロワッサン」は? クロワッサンの来店客1000人当たり販売金額は21年1月の357.9円から601.8円へ、68.1%増と急伸した。

「クロワッサン」の来店客1000人当たり販売金額の推移
「クロワッサン」の来店客1000人当たり販売金額の推移
出所:日経POS情報

 クロワッサンの来店客1000人当たり販売金額は新型コロナウイルス禍前まで300円弱で推移し、コロナ禍に入って300円台に乗るようになった。コロナ禍2年目の21年2月から同年11月は400円前後で推移。それが21年12月に546.7円、22年1月には601.8円と、一気にコロナ禍前の2倍の水準に達している。

 クロワッサン躍進をリードしたのが、フジパンの「生くろわっさん」だ。21年11月末の発売で、21年12月、22年1月と2カ月連続で販売金額トップに立った。

フジパン「生くろわっさん」が22年1月、クロワッサンカテゴリーでトップ
フジパン「生くろわっさん」が22年1月、クロワッサンカテゴリーでトップ
出所:日経POS情報
フジパン「生くろわっさん」
フジパン「生くろわっさん」
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
6
この記事をいいね!する