タイガー魔法瓶(大阪府門真市)の「真空断熱炭酸ボトル」。サイズは500ミリリットル(オープン価格、同社の市場想定価格は税込み6000円)、800ミリリットル(同6500円)、1.2リットル(同7000円)、1.5リットル(同7500円)。カラーは左からカッパー、スチール、エメラルドの3色で展開

ビールや炭酸飲料も運べる水筒 タイガーが炭酸対応栓を開発

2022年01月21日
  • タイガー魔法瓶(大阪府門真市)の「真空断熱炭酸ボトル」。サイズは500ミリリットル(オープン価格、同社の市場想定価格は税込み6000円)、800ミリリットル(同6500円)、1.2リットル(同7000円)、1.5リットル(同7500円)。カラーは左からカッパー、スチール、エメラルドの3色で展開
  • テレワーク時のリフレッシュ飲料として炭酸飲料の需要が増えているが、長時間デスクに置いているとぬるくなり炭酸が抜けてしまうことが課題。タイガー魔法瓶の「真空断熱炭酸ボトル」はこれを解消するという(写真提供/タイガー魔法瓶)
  • 開栓時に炭酸ガスが抜ける炭酸ガス抜き機構と、ボトルの内圧が高まると自動でガスが抜ける安全弁を備えた炭酸対応栓「Bubble Logic(バブルロジック)」を独自に開発(写真提供/タイガー魔法瓶)
  • 飲み口は抗菌製品技術協議会が制定したSIAAマークの認証も受けており、安心して使える(写真提供/タイガー魔法瓶)
  • ノンアルコールビールテイスト飲料を入れて(左)温度を測り(中央)、暖房の効いた屋内に2時間、開けずに置いてから温度を測ると、1.2度上がっているだけだった(右)
  • ペットボトルで蓋をした状態でも、炭酸飲料を常温で置いておけばぬるくなり炭酸がおいしく味わいづらくなるが、真空断熱炭酸ボトルに入れておくと、栓を開けない状態であれば温度が上がりづらく炭酸も抜けにくく、味をキープできそうだ
  • 1.2リットル、1.5リットルはビールやハイボールなどのアルコール類を入れてキャンプやピクニックに持っていくことも想定している(写真提供/タイガー魔法瓶)