全国小売店の販売データを集計する日経POS情報で、2021年12月の来店客千人当たり販売金額の前年同月比伸び率を調査した。家庭用品カテゴリー(小分類)の増加率で、33.8%増の伸びを見せたのが口紅。だが3年前の18年12月と比べると59.9%減と回復の道はまだ険しい。

マスクで口元が隠れる分、目元への投資は惜しまず(写真/Shutterstock)
マスクで口元が隠れる分、目元への投資は惜しまず(写真/Shutterstock)
[画像のクリックで拡大表示]

 長引く新型コロナウイルス禍の影響で、化粧品の回復が遅れている。日経POS情報の家庭用品カテゴリー(大分類)における2021年12月の来店客千人当たり販売金額を見ると、洗顔料、化粧水、美容液、乳液、クリームなどの「女性用基礎化粧品」は2万26円で、2万2638円だった前年同月から11.5%減少した。

 比較対象となる20年12月もコロナ禍であるため、実際の影響は1割減よりも大きい。コロナ禍前の19年12月比では14.6%減になる。ただ、この19年12月も、19年10月に消費税率が上がることを受けて前月(19年9月)に購入が伸びた反動でやや売れ行きが落ちている。したがって、さらにさかのぼって18年12月や17年12月と比較したほうがコロナがもたらした売り上げへの影響を把握しやすい。18年12月比は20.7%減、17年12月比は21.5%減となる。女性用基礎化粧品は「例年の2割減」が現在地といえるだろう。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。