2021年の年間で訪問者数が多いWebサイト、利用者数が多いアプリはどれか? 日経クロストレンドは、ヴァリューズ(東京・港)提供のデータを基にランキング作成するとともに、利用が増加傾向にあるサービスと減少傾向にあるサービスを分析した。新型コロナウイルス禍の2年間で、ショッピング、決済、ポイントサービスが伸びる一方、リアルの友人とのコミュニケーションツールは伸び悩んだ。

2021年のサイト&アプリ利用者数ランキング。上位の顔ぶれに変化は?(写真/Shutterstock)
2021年のサイト&アプリ利用者数ランキング。上位の顔ぶれに変化は?(写真/Shutterstock)

 国内で訪問者数が多いWebサイトといえば、Google、Amazon.co.jp、楽天市場……、利用者数の多いスマートフォンアプリといえば、LINE、Twitter、Instagram……。上位サイト&アプリは鉄板で、その顔ぶれは毎年そう大きく入れ替わるものではない。

 ただし、そうしたサイト・アプリの中でも、トップ10から外れたもの、ランクインしてきたもの、UU(ユニークユーザー)数が伸びているもの、減っているものと、変化は起きている。コロナ禍に見舞われた2020~21年の2年間の変化を押さえておこう。数値は、インターネット行動ログ分析サービスを提供するヴァリューズ(東京・港)のデータに基づく。

 まず21年のWebサイト訪問者数(推定)トップ30は以下の通り(集計期間は21年1~10月)。

Webサイト訪問者数トップ30
Webサイト訪問者数トップ30
21年1~10月のサイト訪問動向を基に国内ネット人口に則して推計(データ提供/ヴァリューズ)

 1位のGoogle、2位のAmazon.co.jp、3位の楽天市場のトップ3のUUは1億人を超える。そして4位のYahoo!ニュース、5位のTwitterまでの5サイトは、いずれも前年(20年1~10月、以下同)比100.0%超でプラス。2年前(19年1~10月、以下同)比もプラスだ。

 一方、6位のYouTubeのUU数は前年比95.2%と減少した。これは20年がステイホーム環境下で前年比110.4%と2桁パーセント増だった反動が出たものだ。2年前比では105.1%とプラスになる。

 気になるのが9位のFacebookの動向だ。21年のUUは8000万人割れの7938万人で前年比98.4%。20年も前年比97.8%と2年連続で減少した。2年前比では96.2%になる。

 同様にYahoo!JAPANも2年連続減少しているが、こちらはYahoo!アプリの利用者数が前年比110.5%と2桁パーセント増になっている。利用者がサイトからアプリに移行していると見ることができる。

 ではFacebookアプリはというと、21年の利用者数は前年比96.2%。20年も前年比90.1%と減少している。2年前比で見ると86.7%という大きな落ち込みだ。

 なお19年と比べると、トップ10からウィキペディアが脱落し、Yahoo!ショッピングがトップ10にランクインしている。

アプリはLINEが利用者数トップも2年前比では減少

アプリ利用者数トップ30
アプリ利用者数トップ30
21年1~10月のアプリ起動動向を基に国内ネット人口に則して推計(データ提供/ヴァリューズ)

 アプリに目を転じると、利用者数はLINEが2位のTwitterに3500万人以上の差をつけ9000万人超でトップ。以下、3位のAmazonショッピング、4位のInstagram、5位のPayPay、6位のYahoo!、7位の楽天市場が僅差で続く。

 2位のTwitterから7位の楽天市場までのアプリ利用者数は、前年比プラス、2年前比でもプラス。だがLINEは2年前比で見ると97.4%とマイナスになる。21年のLINEは前年比103.2%と微増だったが、20年に前年比94.3%と落ち込んでいた。リアルの友人、知人と連絡を取り合うツールだけに、ステイホームで会う機会が減ると、そのやりとりがなくなる分、起動機会が減ったと考えられる。

 2年前比で大きく利用者数を伸ばしたのが、決済サービス、ポイントサービスだ。決済系は、5位のPayPayが2年前比177.0%、14位のd払いが同166.2%、22位の楽天ペイが同163.0%、25位のau Payが同134.1%、20位の楽天カードが同126.0%。ポイントサービス系は、17位の楽天PointClubが同128.7%、30位の楽天ポイントカードが同123.0%、9位のdポイントクラブが同116.4%といった具合だ。動画コンテンツのプライム・ビデオも同144.3%と急伸している。

 アプリについては、20代と60代以上で比較するとかなり様相が異なる。

20代(左)と60代以上(右)のアプリ利用者数トップ20と伸び率
20代(左)と60代以上(右)のアプリ利用者数トップ20と伸び率

 20代ではUber Eats(ウーバーイーツ)の利用者数が、20年に前年比2.3倍増、21年も前年比38.0%増に達し、2年前比で約3.2倍に伸びた。併せて決済系も伸びたが、それ以外の定番サービスは横ばいから微減と停滞している。外出機会が減ると、撮りたくなるような対象物に出合う機会も減るため、Instagramなどの利用も伸び悩むのはうなずけるところだ。

 一方の60代以上は、LINEなどの定番サービスも含めて利用者数の2年前比が大きく伸びている。コロナ禍でシニア層にスマホ普及期が訪れているようだ。全体では減少傾向のFacebookも、60代以上に限ると2年前比で約15%増と好調。Facebookの高齢化は避けられそうにない。

13
この記事をいいね!する