パナソニックが組織する社内デザイン部門「FUTURE LIFE FACTORY」は2021年11月8~14日、イベント「FUTURE PROTOTYPING 未完成の未来」を二子玉川 蔦屋家電で開催した。テーマは「デジタルとフィジカルの価値融合によるプロダクトの可能性」。「BALANCE」や「SONIC」「SYNC」「TANGIBLE」「SAFE」「TEXTURE」の6アイデアを、プロトタイプとして公開した。

二子玉川 蔦屋家電で開催した「FUTURE PROTOTYPING 未完成の未来」の会場。親子連れなども来場し、未来のデザインを実際に触って楽しめるようにしたという
二子玉川 蔦屋家電で開催した「未完成の未来 FUTURE PROTOTYPING」の会場。親子連れなども来場し、未来のデザインを実際に触って楽しめるようにしたという

 「FUTURE LIFE FACTORY」はパナソニックの事業分野にとらわれず、さまざまな「問い」を立ててデザインを発信。デザイナーのほかにエンジニアも在籍しており、共同で今回のプロトタイプを製作した。仮想空間のメタバースが注目されるなど、“デジタルとリアルをどう結び付けるかが次の暮らしの課題になる”と考えて同テーマを選択した。

 リアルからデジタルへの変換を意味する「DX(デジタルトランスフォーメーション)」だけでなく、デジタルをリアルに変換していく、いわば「フィジカルトランスフォーメーション」も求められると判断。3D(3次元)プリンターなども活用し、デザイナーの発想を具現化した。すぐに事業化には結び付かないが、どれもユニークなプロトタイプばかりだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
1
この記事をいいね!する