全国小売店の販売データを集計する日経POS情報で、2021年11月の来店客千人当たり販売金額の前年同月比伸び率を調査した。食品カテゴリー(小分類)の増加率で、25.4%増と大幅な伸びを見せたのが乳酸菌飲料。リードしたのは2021年10月から全国発売した「Y1000」だ。

宅配商品「Yakult1000」の人気を受けて販売した店頭向け商品「Y1000」がヒット
宅配商品「Yakult1000」の人気を受けて販売した店頭向け商品「Y1000」がヒット

 日経POS情報の食品カテゴリー(大分類)における2021年11月の来店客千人当たり販売金額前年同月比伸び率1位は「麦茶飲料」(33.8%増)。21年10月に続いて2カ月連続のトップだった。

日経POS情報 食品カテゴリー(大分類)における千人当たり販売金額の前年同月比増減率ランキング
日経POS情報 食品カテゴリー(大分類)における千人当たり販売金額の前年同月比増減率ランキング
乳酸菌飲料が前月の10位から2位に

 2位は「乳酸菌飲料」(25.4%増)。21年9月の49位(6.0%増)から21年10月は10位(19.8%増)とトップテン入りを果たし、21年11月に一気に2位まで駆け上がった。

乳酸菌飲料の千人当たり販売金額の推移
乳酸菌飲料の千人当たり販売金額の推移
21年10~11月に販売金額が伸びた

 乳酸菌飲料の来店客千人当たり販売金額は、長らく5000円前後で推移してきたが、21年10月は5916.5円、21年11月は6126.0円と急伸した。

乳酸菌飲料の売れ筋トップ10
乳酸菌飲料の売れ筋トップ10
「Y1000」が加わりヤクルト商品が上位を独占

 乳酸菌飲料の売れ筋商品上位は上表の通り。21年10月発売のヤクルト「Y1000」が3位、5位にランクインしたことで、トップ10のうち7つをヤクルト商品が占め、同社の独壇場になっている。同カテゴリーにおけるヤクルト本社の市場シェア(金額ベース)は7割に上る。

乳酸菌飲料のメーカー別シェア(販売金額ベース)
乳酸菌飲料のメーカー別シェア(販売金額ベース)
ヤクルト商品が7割を占める

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
13
この記事をいいね!する