米シリコンバレーは近年、デザイナーが集まる地域となっており、日本人デザイナーも注目されている。その中からすでに活躍中の3人の日本人デザイナーを紹介する。

 枝廣ナオヤ氏は、ロボット、家具など幅広い製品デザインを手がける。この地域にいる利点は「情報と知識が集まっていること、エンジニアの質が高いこと、不可能そうなこともやろうとする精神に触れられること」と語る。自分なりの意見を出すことで認められていくと感じるという。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
5
この記事をいいね!する