眼鏡チェーン「JINS」を展開するジンズ(東京・千代田)は2021年10月6日、内蔵センサーで心身の状態を知ることができるスマートグラス「JINS MEME」(ジンズミーム)の新モデルを発表した。センサーやバッテリーなどを小型化して1カ所に集中させることで軽量化し、違和感なく1日中身に着けられるようにした。専用アプリでは姿勢の正しさや心の安定度、作業への集中度といった心身の状態を可視化し、何か問題があるときにそれを解決するための、ストレッチや瞑想(めいそう)といった対処法も提供する。

姿勢や集中力といった心身の状態を可視化できるジンズの眼鏡型デバイス「JINS MEME」。外観は普通の眼鏡と変わらない
姿勢や集中力といった心身の状態を可視化できるジンズの眼鏡型デバイス「JINS MEME」。外観は普通の眼鏡と変わらない
[画像のクリックで拡大表示]

 2021年10月14日発売で、12モデル用意する。価格は従来モデル発売時の半額以下となる1万9800円(税込み)。ビジネスモデルを大きく変更し、本体価格を抑え、使用開始から2年目以降の専用アプリ使用料を月額または年額制で支払うサブスクリプション方式を導入する。専用アプリは発売日の時点ではiOS 13以降対応で、Android OSには21年11月対応予定だ。

鼻当て部分に付いている「コア」。ここにセンサーやバッテリーが内蔵されている。他の部分は一般的な眼鏡と同じだ
鼻当て部分に付いている「コア」。ここにセンサーやバッテリーが内蔵されている。他の部分は一般的な眼鏡と同じだ
[画像のクリックで拡大表示]
センサーとバッテリーを1カ所にまとめたことでデザインの自由度が高まり、12モデルでの展開となった
センサーとバッテリーを1カ所にまとめたことでデザインの自由度が高まり、12モデルでの展開となった
[画像のクリックで拡大表示]

 新モデルで目指したのは、まず使いやすさだ。新モデルは、眼鏡の鼻当て部分にセンサーとバッテリーを内蔵した「コア」と呼ぶモジュールを搭載しており、こことスマホをBluetoothでワイヤレス接続する。15年11月発売の従来モデルは眼鏡のテンプル(つる)の先端にセンサーとバッテリーをそれぞれ内蔵していたため、テンプル先端が太く重かった。

 新モデルのコアは重さ約6グラム。レンズを除くフレームの重さはデザインによるがいずれも30グラム未満で、一般の眼鏡とほとんど変わらない。テンプル先端にセンサーがないため、外観も一般の眼鏡そのものだ。実際に装着してみても重さや重量バランスに違和感がなく、普段使っている眼鏡と全く同じように顔にフィットした。鏡を見ても、スマートグラスを身に着けているようには見えない。これなら普段使いの眼鏡として使えそうだ。

手前が新モデルで、奥が従来モデル。従来モデルはテンプル先端が太く重かった
手前が新モデルで、奥が従来モデル。従来モデルはテンプル先端が太く重かった

 ジンズの田中仁CEO(最高経営責任者)は「かけ続けられる軽さと、生活にフィットする多様なデザインを実現した。テック好きでなくても、誰でも普通にかけられる。初代モデルは大きくてかけ心地が悪い、重いなどで、取得したデータを日常の体験やソリューションになかなかつなげられなかった。スマートグラスが無理なく生活に根付いて生活を変えることができれば、最高のユーザー体験をもたらすことができる。新モデルはその実現につながる製品」と、一般の眼鏡と変わらないかけ心地にこだわった理由を述べた。

 センサーなどを1カ所にまとめたことで、デザインの自由度も増し、12モデルの展開が可能になった。センサーとバッテリーを小型軽量化すると同時に省電力化にも注力しており、バッテリー容量は従来モデルの数分の1以下ながらも駆動時間はモードによって11~24時間(待機状態では約2週間)と、1日使える長さを確保している。

センサーで心身の状態を可視化

 コアは、3軸の加速度センサーとジャイロセンサーを組み合わせた6軸モーションセンサーと、3点式眼電位センサーを内蔵している。モーションセンサーは、歩行や体の傾きなどを検出する。歩行の運動量を算出したり、姿勢の良しあしを教えたりしてくれる。

 眼電位センサーは、まばたきと眼球の動きを捉え、眼電位(眼球の角膜側と網膜側の間の電位差)や、まばたきの際に眼球が上転するベル現象などを検出する。これを独自のアルゴリズムで解析することで脳の変化を測定し、注意散漫になっていないか、心の状態が安定しているか、作業に集中できているかなどを可視化する。

JINS MEMEをかけて姿勢をチェックしてみたところ、いきなり「Bad」との判定。自分では気がつきにくい姿勢の悪さを実感できた
JINS MEMEをかけて姿勢をチェックしてみたところ、いきなり「Bad」と判定された。自分では気がつきにくい姿勢の悪さを実感できた
[画像のクリックで拡大表示]

セルフメンテナンスを提案

 アプリでは、心身の問題を改善するための“メンテナンス”方法も教えてくれる。例えば体の状態を整えるためのストレッチやヨガを教えてくれたり、心の状態を整えるために瞑想する方法を教えてくれたりする。メンテナンスのコンテンツは長くても3分程度の短いものを選んである。自宅やオフィスで仕事の合間に手軽に実践できるようにという狙いだ。

ストレッチや瞑想などで心身をリフレッシュできるメンテナンス機能。短時間でできるものばかりで、仕事や作業の合間に利用しやすい
ストレッチや瞑想などで心身をリフレッシュできるメンテナンス機能。短時間でできるものばかりで、仕事や作業の合間に実践しやすい
[画像のクリックで拡大表示]

 テレワークが増えて家庭に仕事を持ち込む機会が増えたり、SNSで仕事の連絡が来たりなど、生活様式が変化してオンとオフの境界が曖昧になってきた。新モデルは自分の心身の状態を可視化して客観的に観察し、問題があれば自分でメンテナンスするというコンセプトの製品だ。

 「新しい生活様式で健康意識が高まり、テレワークで働き方が多様化し、オンとオフの境界がなくなってきた。これからは自分で自分に責任を負う、セルフマネジメントが大切になってくる。新モデルは5年以上前から開発してきたが、くしくもコロナ禍で必要とされる製品になったのでは」と田中氏は語る。

新モデルのJINS MEMEを掛けているジンズ 田中仁CEO。「テック好きでなくてもかけられる」とアピールした
新モデルのJINS MEMEをかけているジンズ 田中仁CEO。「テック好きでなくてもかけられる」とアピールした
[画像のクリックで拡大表示]

ジンズ初のサブスクリプション

 本体価格は1万9800円だ。従来モデルは発売当初4万2120円(消費税8%込み)だったので、その半額以下に抑えた形だ。その代わり、アプリの使用料を2年目以降は月額500円か年額5000円(ともに税込み)としている。1年目は無料なので、1年間使用してみて気に入った場合だけ課金して継続使用すればよい。

 ジンズ初のサブスクリプションサービスにしたのは、顧客との継続的な関係を重視しているためだ。

 「JINS MEMEはお客様とずっとつながり続けるためのもの。つながり続け、データを集め、そのデータを解析してお客様に個別最適化ができれば、よりよいサービスを提供できる。そのためにはサブスクリプションが適している」(田中氏)という。

 ターゲットは「いろいろな人に使ってほしいが、最初はこういったギアが好きな人が中心になるのでは」(田中氏)とみている。見た目が自然であることや、セルフマネジメントができるサービスの価値を訴求して、そこから顧客層を広げていきたい考えだ。

 今後は、JINS MEMEを心身の可視化以外の様々な用途に展開していく。発表会では新規事業などを開発するプロジェクト「JINS MEME LAB」を発表した。第1弾として、カメラによるモーションキャプチャーを使わずに、JINS MEME着用者の動きをアバターに反映させた動画を作れるiOS向けアプリ「VTUNER」を21年11月にリリースする。第2弾としてJINS MEMEで頭の動きやまばたきを取得して、それらを使ってスマホやPCなどをコントロールするプロジェクト「JINS MEME CONTROLLER」も発表した。海外展開としては、中国で受験を控えた子供向けに、集中力や姿勢などの測定ができる子供用サイズのJINS MEMEを使ったサービスを開始する。

 「JINS MEMEには様々な用途が考えられる。例えばスマホを手で触れない人が世界中に大勢いる。そうした人たちがJINS MEMEを使って視線による操作でアプリを動かし、自分を表現したり、動画配信サービスを楽しんだりできるようになれば、それは大きな価値につながる」(田中氏)と語る。眼鏡を販売するだけの会社から、サービスも提供する新しい会社に変化していきたいという。その一歩となるか。

(写真/スタジオキャスパー、湯浅英夫)