原宿店限定先行販売のグラフィックスニーカーは7700円、グラフィックスマホケースのiPhone SE用は2750円、iPhone 12用は3300円、グラフィックマグカップは1980円(すべて税込み)(写真提供/グラニフ)

グラニフがリブランディング デザインTシャツストアから脱却

2021年10月01日
  • 2021年9月8日にオープンした都内最大規模となる旗艦店グラニフ原宿店。東京メトロの明治神宮前駅から程近い、明治通りに面した場所に位置する(写真提供/グラニフ)
  • 白を基調とした内装。グラフィックアイテムが主役になるような空間をイメージしたという(写真提供/グラニフ)
  • 原宿店限定先行販売のグラフィックスニーカーは7700円、グラフィックスマホケースのiPhone SE用は2750円、iPhone 12用は3300円、グラフィックマグカップは1980円(すべて税込み)(写真提供/グラニフ)
  • 21年8月に初展開したベビーアイテムや、人気のキッズ商品も並ぶ(写真提供/グラニフ)
  • 期間限定で開設されていたポップアップストア「graniph Graphic Factory」。希望者が選んだデザインをイメージ・マジックのガーメントプリンター「GTXpro」でプリントしていた
  • 標準店のオープンはすでに始まっており、21年9月度は東北最大級の駅ビル型ショッピングセンターエスパル仙台 本館1階にオープンしたエスパル仙台店(写真)のほか、ららぽーと沼津店、イーアスつくば店、イオンレイクタウンmori店を新規オープン。また、阪急西宮ガーデンズ店をリニューアルオープンした(写真提供/グラニフ)
  • グラニフ原宿店の店内を案内する村田社長