イケアはゲーミングチェアやデスク、その周りを飾る小物など25種類のゲーミング関連商品を取りそろえる

イケアが格安ゲーミング家具に込める本気 ゲームショウにも出展

2021年09月29日
  • イケアはゲーミングチェアやデスク、その周りを飾る小物など25種類のゲーミング関連商品を取りそろえる
  • 「IKEA Tokyo-Bay」(千葉県船橋市)で撮影。右にあるのが4999円のゲーミングチェア「HUVUDSPELARE(フーヴドスぺラレ)」
  • 自身もゲーマーの1人と語るイケア・ジャパンのカントリーセリングマネージャー、ルスラン・プセユノック氏
  • 「UTESPELARE(ウーテスペラレ)ゲーム用デスク」(1万2990円)は、テーブルトップ後方にデスクの下に置いたPCの熱を逃がす金属メッシュを備えるなど、シンプルなデザインながら機能性も高い。「UTESPELARE(ウーテスペラレ)ゲーム用チェア」(1万2990円)の下には、キャスターで床材を傷つけないようにするための「LANESPELARE(ローネスペラレ)フロアプロテクター」(3999円)を敷いてコーディネートできる
  • ラック一体型の「FREDDE(フレッデ)ゲーム用デスク」(2万9990円)を中心としたコーディネート。上部のラックには液晶モニターやスピーカーを、テーブルトップの下には左右にPCやゲーム機本体を置くための棚がある。「MATCHSPEL(マッチスペル)ゲーム用チェア」は同社のゲーミングチェアで最も高いが、それでも1万5990円とリーズナブル
  • インテリアに合わせやすいカラーバリエーションを用意した。「UTESPELARE(ウーテスペラレ)ゲーム用デスク」(1万2990円)と「MATCHSPEL(マッチスペル)ゲーム用チェア」(1万5990円)を組み合わせ、白を基調とするだけでイメージが変わる。「白い商品は特に日本から強い要望があった」(プセユノック氏)とのこと
  • キーボードやヘッドセットなどの周辺機器を壁面に飾りつつ整理・収納できる「UPPSPEL(ウップスペル)有孔ボードコンビネーション」(3399円)。道具にも愛着を持つコレクター気質のゲーマーならかなり引かれる商品ではなかろうか
  • 利用シーンを再現するように商品を展示するのはイケアの店舗ならでは。ゲーミング家具も部屋になじむようにコーディネートして提案する