新型XU1には従来車種同様、アルミリヤキャリア(荷台)とアルミフェンダー(泥よけ)を標準装備。バッテリー容量は36.0V-8.0Ahで、電動アシストのパワーモード(HIGH)時で約44キロメートル走行可能

パナソニックが新型e-BIKE ケイリン先導車のノウハウ凝縮

2021年08月17日
  • パナソニックサイクルテックはスポーツタイプの電動アシスト自転車、「XU1」を2021年8月5日に発売。希望小売価格は25万1000円(税込み、写真の車体カラーはマットロイヤルブルー)
  • 車体重量は24.5キログラム、全長は184センチ、全幅(グリップの左先端から右先端まで)は59センチ。カラーはマットロイヤルブルーとシャインパールホワイト(写真)の2色
  • パナソニックサイクルテックが手掛けた東京2020オリンピックのケイリン先導車。なおシドニー大会時はヤマハ発動機がケイリン先導車となる電動アシスト自転車「ケイリンPAS」を開発、納入したそう
  • XU1は従来の車種より40ミリメートルの低重心化を実現し、安定感のある走行が可能になった
  • 新型XU1には従来車種同様、アルミリヤキャリア(荷台)とアルミフェンダー(泥よけ)を標準装備。バッテリー容量は36.0V-8.0Ahで、電動アシストのパワーモード(HIGH)時で約44キロメートル走行可能
  • e-BIKEのフラグシップモデル「XM-D2 V」(70万1800円)
  • スポーティーなスタイルの街乗りモデル「ジェッター」(16万8000円)
  • 新型XU1は年間400台が目標だという