カーボンニュートラルを目指すトヨタは2代目となる小型ハイブリッドカー(HV)「アクア」を発売した。自動車メーカー各社が電気自動車(EV)メーカーへのシフトを語る中、トヨタはEVだけに依存しない現実的な路線で、温暖化ガスなど環境課題に取り組んでいくという。

2021年7月19日に発売された2世代目となる新型「アクア」。価格は税込み198万~259万8000円
2021年7月19日に発売された2世代目となる新型「アクア」。価格は税込み198万~259万8000円

 トヨタは第2世代となる小型ハイブリッドカー「アクア」を2021年7月19日に発売した。価格は税込み198万~259万8000円。月販目標台数は9800台を掲げる。21年の車名別新車販売ランキングを見ると、月間トップ5に入る可能性が高い想定数で、新型アクアに対するトヨタの自信がうかがえる。

「復興経済の一翼を担い続けたい」

 アクアは11年にコンパクトカー初のHVとして誕生した。当時はトヨタ「プリウス」が自動車業界団体による車名別新車販売ランキングで、3年連続1位を獲得していた時期。そのプリウスの中心価格帯が200万~300万円だったのに対し、HVをより身近な存在にしようと、アクアは200万円を切る価格に設定され話題を集めた。

 「アクアは地域の方々とともに東北の未来を作るという思いの下、東日本大震災から9カ月後、人々の暮らしが戻り切らない時期から生産を開始した。『次の10年を見据えたコンパクトカー』を追求し、岩手の関東自動車工場(現在のトヨタ自動車東日本)から全国各地に届けられた」(トヨタコンパクトカーカンパニープレジデントの新郷和晃氏)

トヨタコンパクトカーカンパニープレジデントの新郷和晃氏
トヨタコンパクトカーカンパニープレジデントの新郷和晃氏

 世界トップクラスの低燃費や、5ナンバーサイズ(排気量2000cc以下、全長4.7メートル以下、全幅1.7メートル以下、全高2メートル以下)という扱いやすさを武器に、アクアはプリウスの弟分、そしてHV専用車として、日本だけでなく世界で支持された。累計販売台数が187万台を超えるロングセラーモデルとなったアクアは、今回が初のフルモデルチェンジとなる。

 新型アクアのキャッチコピーは、「いい。AQUA」。「走り」「安全・安心」「デザイン」「もしもの非常時」という4つの「いい」をかなえるべく、HV性能の全面的な進化に加え、時代のニーズを取り入れ、さらに次の10年を見据えた新普及型HVを目指す考えだ。

 トヨタ自動車系3社が統合して発足したトヨタ自動車東日本(宮城県大衡村)は設立9周年を迎え、「トヨタ第3の生産拠点として着実に成長してきた」と新郷氏。今後は「新型アクアを1つのシンボルに、復興経済の一翼を担い続けたい」と話す。

「非常時給電モード」を搭載、世界初電池も

 「みんなが手に入れやすいアクアだからこそ、できることがもっとあるのではないか。その象徴として、『もしものときにいい』、つまり、給電機能の全車標準装備にこだわった。ハイブリッド技術をみんなのものにした初代に対し、給電機能をみんなのものにするのが2代目のアクアの役目」(新郷氏)だといい、災害が多発する時代だからこそ、100%の装備にこだわった。

 具体的には、停電など非常時に「非常時給電モード」を作動させると、電気ポットやドライヤーなどの家電製品にも対応する非常用電源として使えるというもの。その給電能力は、一般家庭であれば1日400ワットの使用で約5日分が賄える。もちろん、通常時は100ボルトで最大消費電力の合計が1500ワットまでのアクセサリーコンセントとして使用でき、移動中のパソコンやスマホの充電、屋外で家電を使う際などに役立つ。

 世界初となる「バイポーラ型ニッケル水素電池」を駆動用バッテリーに採用した点にも注目だ。従来のニッケル水素型電池と比べ、同等サイズなら出力は約2倍になるという。これにより加速がよりスムーズになる。さらに電気モーターのみでの走行可能速度域も拡大するため、街中など多くの場面でエンジンを使わない電気だけの走行ができるようになった。ただし、ビジネスニーズも多いエントリーグレード「B」のみは、高性能なリチウムイオンバッテリーを搭載し、軽量化を図ることでより燃費重視の仕様となっている。

新郷氏は「給電機能の全車標準装備にこだわった」という
新郷氏は「給電機能の全車標準装備にこだわった」という

HVトップクラスの低燃費に

 最新型の1.5Lの3気筒エンジンを採用したハイブリッドシステムにより、燃費は世界統一試験サイクルモード(WLTCモード)で、1リットル当たり33.6~35.8キロメートルを達成。従来型より約20%向上し、HVトップクラスの低燃費になったという。そして、待望の4WD車も設定。「E-Four(電気式4WDシステム)」が、走行状態に応じてFF(前輪駆動)から4WD(4輪駆動)まで自動的に制御する。

 走行性能では、アクセルペダルを緩めた際の回生によって滑らかに減速できるという「快感ペダル」をトヨタで初めて採用。「POWER+」走行モードを選択するとアクセル操作のみで加減速できるので、走行中のペダル踏みかえ回数が少なくなり、ドライバーの負担は軽減。なおかつ車を操る楽しさも感じられるという(※リチウムイオンバッテリー搭載のBグレードは非装着)。

 安全・安心機能面も充実。全車に最新式の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を標準装備し、さらに駐車時のハンドル、ブレーキ、アクセル、シフトチェンジなどの操作を車両が支援する「トヨタチームメイト アドバンストパーク」や、衝突被害軽減および回避を図るブレーキ制御を加えた「パーキングサポートブレーキ」などを、トヨタのコンパクトカーとして初採用している。

世界初採用となった「バイポーラ型ニッケル水素電池」
世界初採用となった「バイポーラ型ニッケル水素電池」

アクアファンを逃さずヤリスと差別化

 外装は「Harmo-tech」(知性・感性を刺激する、人に寄り添う先進)をコンセプトに、上質・シンプル・クラスレスに仕上げたというが、従来型のイメージを受け継いでいる。これはアクアに根強いファンがいるうえに、20年2月に新型が発売されたグローバルモデルのコンパクトカー「ヤリス」(日本では1999年の初代から3代目まで「ヴィッツ」として販売)との違いをはっきりさせることも目的だったのだろう。ヤリス同様にトヨタの小型車向けプラットフォーム「GA-B」を採用しているが、印象はかなり異なる。

 ボディーサイズは、全長4.05メートル、全幅1.695メートル、全高1.485メートルで、全長と全幅は従来型と同様だがホイールベースを5センチ拡大し、室内空間を広くした。同じハッチバックでも、小ぶりであることを強調したヤリスと比べ、アクアは、ルーフエンドをリアまで延長し、荷室容量の広さも重視したフォルムになっている。

 一方、内装は、操作性・視認性に優れた10.5インチ大型ディスプレーオーディオをトヨタのコンパクトカーとして初採用するなど、質感、機能性ともに高めている。なお、サイズは異なるが、全仕様にディスプレーオーディオが標準化されている。

従来型のアクアのイメージを受け継ぎながら、上質さを高めたデザインに
従来型のアクアのイメージを受け継ぎながら、上質さを高めたデザインに

カーボンニュートラル実現はHVを含む

 アクアはまた、トヨタの「2030年危機」とも言われる課題に向け重要な役割も担うという。

 新郷氏は初代アクアの普及により約1240万トンの二酸化炭素(CO2)削減効果があったことに触れ、「カーボンニュートラルは、車が走る際に発生する温暖化ガスだけを見て判断してはいけない。温暖化ガスは走行段階だけでなく、生産から廃棄までの全ライフサイクルでも発生するため、日本のエネルギー事情を総合的に判断することが非常に大切」と強調。全ライフサイクルでのCO2排出量を比較した場合、電気自動車とハイブリッドカーは同程度であるとのデータを示し、トヨタのゴールはカーボンニュートラルの達成だとした。

 多くの自動車メーカーをはじめ、カーボンニュートラル実現にはEVへのシフトが必須という声もある。しかしトヨタは1997年の電動車の先駆け的存在であるプリウスの発売以来、HV、EV、燃料電池車(FCV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)を販売してきた。その結果、20年度の電動車販売で初めて年間200万台を突破した。しかもその中心はHVだ。EVの製造コストや生産、供給される電気のCO2まで考慮すれば、完全EVシフトより手ごろなHVの普及で全体のCO2排出量を削減するほうが得策というわけだ。

 初代は登場直後から人気となったアクアだが、今回の商品力のアップ度は大きい。実用的なHVでありながら質感や走りを高め、かつ200万円前半からという価格の維持により、2代目の人気も確定的といえそうだ。

(画像提供/トヨタ)

12
この記事をいいね!する