2021年7月、テレビ東京の火曜深夜枠でバラエティー番組「乃木坂に、越されました~AKB48、色々あってテレ東からの大逆襲!~」が始まった。AKB48の公式ライバルとして結成された乃木坂46は、既にAKB48の人気を越えて久しい。では、越えたのはいつだったのか? 今も人気上昇中なのか? Googleトレンドで検証してみた。

ひろゆきがMCを務めるテレビ東京新番組「乃木坂に、越されました」
ひろゆきがMCを務めるテレビ東京新番組「乃木坂に、越されました」

 2020年の紅白歌合戦で12年連続の出場を逃したアイドルグループAKB48に、久々に冠番組のオファーが舞い込んだ。だがその番組タイトルは、「乃木坂に、越されました~AKB48、色々あってテレ東からの大逆襲!~」という屈辱的なもの。ひろゆきこと西村博之氏がMCを務めるとあって、局所的に注目が高まっている。

 AKB48が人気の面で乃木坂46に“越された”ことについては、ほぼ異論はないだろう。では、越されたのはいつだったのか? これは両グループのファンであっても言い当てるのは簡単ではない。

 人気のバロメーターとして、ここではGoogleトレンドを使う。検索ボリュームの推移を、ピーク時100としてグラフ化してくれるツールだ。ある事象に対する人々の関心の大きさは、そのワードの検索数の多寡で示されると考えていいだろう。「AKB48」と「乃木坂46」をGoogleトレンドで比較すれば、検索ボリュームがクロスした時点から逆転の瞬間が把握でき、また検索のピーク値から、最も話題性が高かったのはいつごろどちらのグループだったのか、も見えてくる。

 両グループの名称で検索してみた結果が以下のグラフだ。

Googleトレンドで見る「AKB48」と「乃木坂46」の検索ボリューム推移
Googleトレンドで見る「AKB48」と「乃木坂46」の検索ボリューム推移

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
8
この記事をいいね!する