空港の保安検査場から搭乗ゲートまでの長い道のりを、自動運転で連れて行ってくれる――。そんな電動車いす型モビリティの本格運用が羽田空港の国内線ターミナルで2021年6月14日から始まった。手がけているのは、スタートアップのWHILL(ウィル、東京・品川)。同様の自動運転型モビリティサービスを、さまざまな施設に広げていくことを目指している。

行きは自動運転で利用者を送り届け、帰りは無人走行で自動的にステーションまで戻る
行きは自動運転で利用者を送り届け、帰りは無人走行で自動的にステーションまで戻る

 2021年6月14日、羽田空港でWHILLの電動車いす型モビリティを利用した自動運行サービスの全面導入が始まった。導入するのは羽田空港の第1・第2ターミナルビルを管理する日本空港ビルデング。両ターミナルで国内線を運航するエアライン6社(日本航空、全日本空輸、スカイマーク、AIRDO、ソラシドエア、スターフライヤー)も運用に協力する。日本空港ビルデングとWHILLが共同で6月22日に同サービスのメディア説明会を開催した。

 本サービスでは、まず第1ターミナルに2カ所、第2ターミナル北エリアに1カ所の「WHILLステーション」を設置。各3台の電動車いす型モビリティを配置した。21年7月には第2ターミナル南エリアにも1カ所を加えて、両ターミナル全域でサービス提供を開始。さらに21年度中に各ターミナルに2カ所ずつ追加し、計8カ所24台体制で運用する計画だ。

 各ステーションは保安検査場の近くに設置されており、保安検査を終えてから搭乗ゲートまでの移動に利用できる。運用時間は午前8時から午後8時までで、国内線に搭乗する乗客なら誰でも無料で利用可能だ。

羽田空港で、保安検査場から搭乗ゲートまで自動運転で利用者を運ぶ自動運行サービスが本格稼働。航空会社6社の協力の下で運用する
羽田空港で、保安検査場から搭乗ゲートまで自動運転で利用者を運ぶ自動運行サービスが本格稼働。航空会社6社の協力の下で運用する
アームレスト前方に設置されたタッチ画面で目的地を選ぶだけと、操作は非常にシンプル(写真提供/日本空港ビルデング)
アームレスト前方に設置されたタッチ画面で目的地を選ぶだけと、操作は非常にシンプル(写真提供/日本空港ビルデング)

時速2.5キロメートルに設定した理由

 使い方はシンプルだ。WHILLステーションに待機している電動車いす型車両のシートに座り、シートベルトを着用したら、アームレストの前に設置されたタッチ画面で行き先の搭乗ゲートを選んで「スタート」ボタンを押す。すると車両が自動的に動き出し、あらかじめ設定されたルートを自動運転で走行して目的地まで運んでくれる。

 走り出したら一切操作する必要はなく、ただ座っているだけでいい。シートの後ろには10キログラムまでの手荷物を置けるスペースもある。車両が目的地に到着して利用者が降車すると、シート下のセンサーがそれを検知。60秒後に出発したステーションに向けて無人走行を始め、自動返却される。

 走行速度は、時速2.5キロメートル。人の歩行速度は時速4キロメートル前後といわれるので、歩くよりも少し遅めのスピードだ。この速度設定について、WHILL MaaS事業本部執行役員本部長の植田剛之氏は、「数多くの検証を経て、誰が乗っても安心・快適に乗れる速度を導き出した」と説明する。

 羽田空港のターミナルは広く、搭乗ゲートによっては最寄りの保安検査場から徒歩で10分近くかかる場合があるため、徒歩よりも遅い時速2.5キロメートルでは遅すぎるのではないかと懸念した。だが、実際にターミナル内で車両が稼働している様子を見ると、速度設定の理由が分かった。

 電動車いす型車両は当然ながら1人乗りだ。2人以上のグループであれば、同行者は車両の周囲を歩くことになる。このとき、車両が速すぎると同行者が置いていかれてしまう。時速2.5キロメートルというのは、話をしながらのんびり歩くのにちょうどいい速度なのだ。

 もう1つ、車両前方に人や障害物が現れた場合、急停止する可能性があることもこの速度に設定した理由だろう。スピードを速くしすぎると、万が一、急停止した場合に乗客がシートから転落する危険がある。周囲の歩行者からしても、時速2.5キロメートルなら危険を感じることはない。

左右アームレスト前方に取り付けられたステレオカメラで前方の障害物を検知する
左右アームレスト前方に取り付けられたステレオカメラで前方の障害物を検知する
走行中の車両の進路上に立ってみたところ、ステレオカメラ周囲のライトが赤くなり、停止。「道を空けてください」という音声メッセージが流れた
走行中の車両の進路上に立ってみたところ、ステレオカメラ周囲のライトが赤くなり、停止。「道を空けてください」という音声メッセージが流れた

 今回のサービスに使用されている「WHILL 自動運転モデル」は、左右のアームレスト前方に、それぞれステレオカメラ型センサーを1組ずつ設置。さらにシート下、フットボードの下にLiDARを搭載し、周囲の状況を検知している。

 試しに走行中の車両の前方に立って進路をふさいでみると、ステレオカメラの周囲が赤く光り、減速後、完全停止。それでもその場から動かずにいると、「道を空けてください」という趣旨の音声メッセージが流れ、移動を促された。

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
4
この記事をいいね!する