アウディジャパンが2021年5月18日に4代目となる「A3シリーズ」を販売開始。また電気自動車(EV)「アウディe-tron GT」は21年秋導入ながら4月に先んじて一般に公開。日本市場でのシェア拡大に積極姿勢を見せている。

新型「A3スポーツバック」と発表会に登壇したアウディジャパンのフィリップ・ノアック社長
新型「A3スポーツバック」と発表会に登壇したアウディジャパンのフィリップ・ノアック社長

VW「ゴルフ」同等サイズの高級車

 独アウディの日本法人、アウディジャパン(東京・品川)はフルモデルチェンジした人気のコンパクトカー「A3シリーズ」を2021年5月18日に販売開始した。20年春にドイツで発表された第4世代で、ハッチバックの「A3スポーツバック」(310万円~・税込み、以下同)と、「A3セダン」(329万円~)の2モデルがある。A3は独フォルクスワーゲン(VW)「ゴルフ」と同等サイズで、世界最大のセグメントとされる重要市場に向けた製品だ。

 21年4月21日にsequence MIYASHITA PARK VALLEY PARK STAND(東京・渋谷)で行われたオンライン発表会で、アウディジャパンのフィリップ・ノアック社長は「アウディはこれまで全世界で500万台以上、日本では約10万5000台のA3を販売してきた」とその人気を強調。多くの人に支持される車だからこそ、新型A3には「アウディらしいデザイン、サステナビリティー、パフォーマンス、デジタリゼーションを特徴に持たせた」と説明した。

A3の受注状況、販売計画より好調

 新型A3セダンは全長4495×全幅1815×全高1425ミリメートル、A3スポーツバック(30 TFSI)は全長4345×全幅1815×全高1450ミリメートルと先代よりも少し大きくなった。新型では、最量販グレードのエンジンを従来の1.4リットル4気筒ターボエンジンから1.0リットル3気筒ターボエンジンに変更し、最高出力110ps、最大トルク200Nmになった。ベルト駆動式オルタネータースターターと、48Vリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドシステム(簡易型のハイブリッドシステム)を採用。ノアック社長は「(アウディの)コンパクトセグメントとして初めて48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載した。これにより高い環境性能と快適な走行性を実現している」と話す。

左が「A3セダン」、右は4WDスポーツモデル「S3スポーツバック」
左が「A3セダン」、右は4WDスポーツモデル「S3スポーツバック」

 エンジンはA3セダンとA3スポーツバックともに3種類を用意。マイルドハイブリッド仕様の1.0リットルターボエンジン搭載の「30 TFSI」、2.0リットルターボエンジン搭載の4WD車「40 TSFI クワトロ」、そして4WDスポーツモデル「S3」だ。価格は310万~661万円。40 TSFIクワトロは21年秋導入予定のため、日本での販売の主力は30 TFSIとなる。

 アウディジャパンによると、具体的な台数は明かせないとしながらも、販売計画よりも受注は好調だという。現在日本で販売されているモデルのベースの価格帯は310万~408万円だが、例えば「30 TFSIアドバンスド」がベースの限定車「A3ファーストエディション」はベース車に装備を追加し充実させている分、A3スポーツバックで453万円、A3セダンが472万円と、コンパクトクラスとしては高級車といえ、生活にゆとりのある客層をターゲットにしていることがうかがえる。

 アウディの電気自動車(EV)戦略についても同様のことがいえる。