パナソニックは投入口が7.4センチのポスト「Pakemo(パケモ)」と専用エントランスポール「Archi Frame(アーキフレーム) Jタイプ」を2021年6月1日に発売する。大型郵便物や小型荷物を受け取れるようにし、再配達の削減にもつなげる考えだ。

パナソニックの小包ポスト「Pakemo(パケモ)」。日本郵便の「ゆうパケットプラス専用箱」がスムーズに入れられる。内容量は幅30センチ、奥行き15センチ、高さ34センチ
パナソニックの小包ポスト「Pakemo(パケモ)」。日本郵便の「ゆうパケットプラス専用箱」がスムーズに入れられる。内容量は幅30センチ、奥行き15センチ、高さ34センチ

ECやフリマアプリ利用者増に対応

 パナソニックの小包ポスト、パケモと専用エントランスポールであるアーキフレーム Jタイプは一戸建て向けの商品で、希望小売価格はパケモが7万9310円、アーキフレームJタイプはLEDユニットなしが6万8970円、LEDユニットありが8万740円(いずれも税込み)。

 パナソニックのハウジングシステム事業部の原望氏は、同社がポストを発売してから55年の間、積み重ねてきた成型技術を生かし、パケモを開発。背景には、新型コロナウイルス感染症拡大以前から、EC利用者やフリマアプリの利用者が増加していたことがあるという。

左がパナソニックのハウジングシステム事業部の原望氏
左がパナソニックのハウジングシステム事業部の原望氏

 原氏は郵便物そのものは減少傾向にあるものの、小包は増加していることを説明。その要因となっているのが、ECだ。経済産業省による「令和元年度 内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(電子商取引に関する市場調査)」においても、2019年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、19.4兆円(前年18.0兆円、前年比7.65%増)、BtoB-EC(企業間電子商取引)市場規模は353.0兆円(前年344.2兆円、前年比2.5%増)に拡大している。

 利用者の拡大に伴い、ECサイトやフリマアプリでは発送時の利便性や簡便性を上げるため、商品を大型郵便物あるいは小型荷物として「ポスト投函(とうかん)」できるようにしているケースが増えた。そこでフリマアプリのメルカリなどが使用する、日本郵便の「ゆうパケットプラス専用箱」(長さ24センチ、幅17センチ、厚さ7センチ以下)が入れやすい、長辺33センチ、短辺7.4センチにパケモの投入口を設計。家に届いた大型郵便物や小型荷物を非対面で受け取れるようにした。

 投入口を大きくした分、盗難の危険性に配慮し、フラップを中央で分割してそれぞれ可動するように設計。荷物を入れる際には抵抗がないが、それを取り出そうと手を入れれば引き出しにくく、荷物も抜け取りにくくしている。配達員(郵便局員)はパケモ上部の蓋を開けて荷物を投入、ユーザーは事前に設定された暗証番号でパケモを解錠し、取り出す。パケモは専用ポールだけでなく、門塀、外壁、門柱に設置可能だ。

盗難に配慮した設計になっているという
盗難に配慮した設計になっているという