ホンダが自動運転レベル3に該当する運転支援機能を含む「Honda SENSING Elite(ホンダ センシング エリート)」を搭載した「レジェンド」を発売してから2カ月がたつ。1100万円(税込み)の高級車だが、発売2カ月で既に予定の6割を販売した。

2021年3月4日の発表会で、「ホンダ センシング エリート」を搭載した「レジェンド」がお披露目された
2021年3月4日の発表会で、「ホンダ センシング エリート」を搭載した「レジェンド」がお披露目された

法整備の違いから販売地域は日本のみ

 「ホンダ センシング エリート」は自動運転レベル3に該当する運転支援機能を含むホンダの安全運転支援システムだ。フラッグシップセダン「レジェンド」の新グレードに同機能を搭載し、2021年3月5日に発売した。100台限定でしかもリース販売のみ。価格は標準のレジェンドより375万1000円高い1100万円(税込み)だ。リースの契約期間は3年間の予定で、現在のところ追加販売はしないという。国や地域によって法整備が異なるため、今回の販売は日本のみとなっている。

 ホンダ センシング エリートの機能で、自動運転レベル3に該当するのが「トラフィックジャムパイロット」だ。これは高速道路や自動車専用道路での渋滞時運転を想定した機能で、作動中は特定の走行環境条件を満たす限定領域において、システム主体の運転が可能となる。システムが周辺の交通状況を監視するので、ドライバーは「前方の監視」の必要がなくなり、その間は運転操作から解放される。そのため走行中でもナビ操作やテレビ、DVDの視聴もできる。システムの作動開始速度は時速30キロメートルで、作動領域は時速50キロメートル以下となる。

 トラフィックジャムパイロット以外にも、自動車専用道路でのハンズオフ機能なども追加するほか、安全運転支援システムの機能全体のアップデートも行われた。

安全運転支援システム「ホンダ センシング エリート」には、自動運転レベル3に該当する「トラフィックジャムパイロット」の機能が備わっている
安全運転支援システム「ホンダ センシング エリート」には、自動運転レベル3に該当する「トラフィックジャムパイロット」の機能が備わっている