一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会(IAUD)は、「新型コロナウィルス感染防止のためのデザイン」をテーマに「第8回国際ユニヴァーサルデザイン会議2021 in ザ・クラウド」をオンライン開催した。

大会での議論を通じてまとめられた一覧表。「3密回避」「換気・空間」「マスク・衣服」などの対策を実施するときの視点が分かるようにした。今後のユニバーサルデザインの指針になりそうだ
大会での議論を通じてまとめられた一覧表。「3密回避」「換気・空間」「マスク・衣服」などの対策を実施するときの視点が分かるようにした。今後のユニバーサルデザインの指針になりそうだ

 2021年2月26日と27日は基調講演とパネルディスカッションを行い、2月27日~3月13日は「疫病退散!!」を表題にしたオンラインによるワークショップを実施した。日本や英国、デンマーク、ドイツ、ヨルダン、インド、タイ、メキシコ、オーストラリアなどからIAUD会員や技術者、デザイナー、学生など約660人が参加。科学的根拠に基づいた感染防止対策を確立するためのデザインについて討議した。

 開会式では菅義偉内閣総理大臣からのビデオメッセージが映し出され、「科学的な知見とユニバーサルデザインの融合によって、感染防止につながるものづくり、街づくりを進めていくことは、非常に意義深い取り組みになる」と語った。

開会式で映し出された菅義偉内閣総理大臣からのビデオメッセージ。感染制御対策とユニバーサルデザインへの期待を語った
開会式で映し出された菅義偉内閣総理大臣からのビデオメッセージ。感染制御対策とユニバーサルデザインへの期待を語った

 基調講演やレクチャーセッションでは感染制御の最新技術の動きについて、大阪府立大学や神戸大学、東京工業大学の研究者、ウシオ電機や岩崎電気、コスモ技研(東京・台東)、一般社団法人 日本銅センターの技術者が発表。紫外線や光触媒、銅の抗菌効果などについて話した。パネルディスカッションでは、各国の感染対策やデザインによる対応事例などを紹介した。

パネルディスカッションには、国内外の識者が参加。画面上には手話通訳なども用意した
パネルディスカッションには、国内外の識者が参加。画面上には手話通訳なども用意した

 こうした実情を踏まえたうえで、ワークショップを開催。世界5カ国から約30人の参加者が3グループに分かれ、デザイン提案を発表した。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>