パナソニックは2011年に発売した電気シェーバーのフラッグシップモデル「リニアシェーバー(ラムダッシュ)」を約10年ぶりにフルモデルチェンジ。21年6月6日に発売する。新開発の6枚刃システムを採用。コロナ禍での生活変化によるヒゲそり回数の減少をはじめ、多様化するヒゲそり習慣に対応する。

2021年4月15日に観世能楽堂(東京・中央)で行われた発表会には、モデルのDaisukeさんが登壇した
2021年4月15日に観世能楽堂(東京・中央)で行われた発表会には、モデルのDaisukeさんが登壇した

月産1万台予定の高級シェーバー

 パナソニックが国産初のメンズシェーバーを発売してから2021年で66周年を迎える。その間に、グローバルでの累計出荷台数は2億2000万台になった。今回が8世代目となる「リニアシェーバー(ラムダッシュ)」は新開発の6枚刃システムを採用したのが最大の特徴だ。発売されるのは「ES-LS9AX」「ES-LS9N」「ES-LS5A」の3機種で、月産台数は合計1万台を予定している。価格はオープン。予想実売価格はES-LS9AXが6万6000円前後(税込み)、ES-LS9Nは5万5000円前後(同)、ES-LS5Aは4万4000円前後(同)。

今回フルモデルチェンジした「リニアシェーバー(ラムダッシュ)」は3機種。予想実売価格は左から「ES-LS9N」は5万5000円前後(税込み)、「ES-LS9AX」は6万6000円前後(同)、「ES-LS5A」は4万4000円前後(同)
今回フルモデルチェンジした「リニアシェーバー(ラムダッシュ)」は3機種。予想実売価格は左から「ES-LS9N」は5万5000円前後(税込み)、「ES-LS9AX」は6万6000円前後(同)、「ES-LS5A」は4万4000円前後(同)

 同シリーズはこれまで5枚刃だったが、6枚刃システムを新開発。長いヒゲやくせヒゲをスムーズに取り込める「アゴ下トリマー刃」を2枚、短く寝たヒゲをとらえてカットしやすい「くせヒゲリフト刃」を2枚、最薄部41マイクロメートルで短いヒゲを根元から深くしっかりカットしやすい「フィニッシュ刃」を2枚という6枚の刃を、毎秒約220ストロークという高速リニアモーター駆動で作動させる。これにより、同社従来品の約4倍、長いくせヒゲをカットできるようになった。また新密着5Dシステムで顔の形状に合わせてヘッドと刃がしっかり密着。6枚刃による圧力分散と合わせて肌の負担が従来比10%減になったという。

 同社アプライアンス社ビューティ・パーソナルケア事業部事業部長の林真一氏は、ラムダッシュシリーズは国内工場(滋賀県の彦根工場)で開発から製造まで行っているからこそ、「早ぞり」「深ぞり」「肌へのやさしさ」というシェービングの3大ニーズに応える製品に仕上がったと自信を示す。

 「ラムダッシュには3つの強みが生かされている。まず『刃の製法』。一般的なシェーバーにはニッケル加工の刃が使われるが、弊社では日本刀と同じ鋳造製法により、外刃にステンレス刃物鋼6枚刃を採用している」と林氏。このため強度が高く、替え刃の回数が少なく済むのがメリットだという。

 また30度鋭角ナノエッジ内刃を振動させてスピーディーかつパワフルにそり上げられるのも特徴で、この刃にダイレクトに振動を伝える「テクノロジー」が第2の強みと説明。「1秒に220ストロークを繰り出す軽量小型化されたリニアモーターは、ヘッド内に搭載している」(林氏)

 最後の強みは「匠の技」。刃1枚当たり1300個の穴があるが、その金型は髪の毛の100分の1レベルの微細加工が必要だといい、そこには人の手が欠かせないという。