米アップルは2021年4月20日(日本時間21日)、デスクトップパソコン「iMac」、タブレット「iPad Pro」、紛失防止タグ「AirTag」などの新製品を発表した。iMacとiPad Proは20年11月発売のMacBook Airなどと同様に自社開発のチップセット「M1」を搭載して処理性能を大幅に高めた。iPad Proでは輝度を大幅に高めたミニLED採用モデルも用意する。

 アップル開発のM1を搭載した新型iPad Proの登場は予想された通りだが、今回の発表で興味深いのはiMacだ。デスクトップパソコンにもかかわらず、モバイルノートのような「極薄・軽量」を打ち出した。さらに選ぶ楽しみを与える、カラフルな7色ものカラーバリエーションを展開する。

 iMacは24インチのディスプレー一体型デスクトップパソコン。M1チップ搭載により、従来モデルより処理性能は85%、グラフィックス性能は50%向上したとしている。他のM1チップ搭載Mac同様に一部のiPhone、iPad向けアプリも利用できる。

M1チップを搭載した、アップルの24インチディスプレー一体型デスクトップパソコン「iMac」。カラーバリエーションはカラフルな7色
M1チップを搭載した、アップルの24インチディスプレー一体型デスクトップパソコン「iMac」。カラーバリエーションはカラフルな7色

 M1はCPU(中央演算処理装置)とGPU(画像処理半導体)、メインメモリーなどを1チップ化したもの。これにより、iMacは内部基盤を小型化して本体部分を11.5ミリと薄くした他、重さを4.5キログラム以下に抑えた。さらにディスプレーの枠部分を狭めることで従来の21.5インチモデルとほぼ同じサイズに抑え、設置しやすくなっている。動作音も通常使用で10デシベル以下と抑えられており、静かな場所でも使いやすくなっている。

 ディスプレーの解像度は4480×2520ピクセル。テレワーク時代を意識してか、カメラやマイクも刷新し、ビデオ会議などで自然な会話が行えるとしている。スピーカーは低音を強調するウーファーなど6スピーカーシステムを搭載し、ドルビーアトモスの空間オーディオにも対応するなど、音楽や動画をより楽しめるようになった。

カメラ、マイクを刷新して会話しやすくしたほか、スピーカーの刷新により動画や音楽をより楽しめるようになった
カメラ、マイクを刷新して会話しやすくしたほか、スピーカーの刷新により動画や音楽をより楽しめるようになった

 3モデルあり、ストレージ容量、USBポートの数、キーボードの指紋認証機能(Touch ID)の有無、有線LANポートの有無などが異なる。カラーバリエーションは、かつてのiMac G3を思い起こさせる多色展開を行う。ブルー、ピンク、シルバーなど、エントリーモデルで4色、上位2モデルでは7色を用意する。価格は15万4800円から(税込み、以下同)。