キリンビバレッジの緑茶ブランド「生茶」が、これまで「キリン生茶 デカフェ」で採用していた100%リサイクルペットボトルの使用製品を2021年3月中旬から拡大した。3月23日からは量販、ECチャネル限定でラベルレス製品も導入。21年度CSV経営の柱の一つ、「環境」のフラッグシップブランドとして循環型社会の実現に向けた取り組みを加速させる。

(左から)全国のコンビニで販売する「キリン生茶」「キリン生茶ほうじ煎茶」(各600ミリリットル)は100%リサイクルペットボトルを使用。量販店で販売する「キリン生茶ラベルレス6本パック」「キリン生茶ほうじ煎茶ラベルレス6本パック」、EC限定の「キリン生茶ラベルレス」「キリン生茶ほうじ煎茶ラベルレス」はラベルレス製品となる
(左から)全国のコンビニで販売する「キリン生茶」「キリン生茶ほうじ煎茶」(各600ミリリットル)は100%リサイクルペットボトルを使用。量販店で販売する「キリン生茶ラベルレス6本パック」「キリン生茶ほうじ煎茶ラベルレス6本パック」、EC限定の「キリン生茶ラベルレス」「キリン生茶ほうじ煎茶ラベルレス」はラベルレス製品となる

ボトルtoボトル率、12.5%の現実

 再生ペット樹脂を100%使用したリサイクルペットボトルの使用を拡大するのは、全国のコンビニエンスストアで販売する600ミリリットルの「キリン生茶」「キリン生茶ほうじ煎茶」、量販店で扱う「キリン生茶ラベルレス6本パック」「キリン生茶ほうじ煎茶ラベルレス6本パック」、EC限定の「キリン生茶ラベルレス」「キリン生茶ほうじ煎茶ラベルレス」の6種。

 生茶ブランドでは、2019年6月から「キリン生茶デカフェ」に100%リサイクルペットボトルを採用し、自販機ではラベルの短尺化を図るなど、プラスチック使用量削減に積極的に取り組んできた。今回、対象製品を増やすことで、生茶ブランドを同社のCSV経営(社会課題を解決することで企業利益も享受する経営手段)の柱、「健康」と「環境」のうち「環境」のフラッグシップブランドにする考えだ。20年9月に発売したキリン生茶ほうじ煎茶はおいしさが支持されて発売から50日間で年間販売目標を達成。販売数量も2800万箱に上るなど、コロナ禍で縮小した市場において同ブランドの販売規模を前年並みに維持させた。CSVを基軸としたポストコロナに向けた再成長のドライバーとして期待がかかる。21年度の販売計画は20年比6%増の2980万箱に設定した。