日経クロストレンド「未来消費カレンダー」は、将来話題となりそうな新製品、新施設、商戦・イベントなどの予定を一覧できるサービスだ。新着情報を毎週金曜日に更新している。2021年7月29日「タカラトミーアーツ、たき火ガジェット『FireWood Home』を発売」など21件の情報を追加した。

【2021】
3月24日 コクヨ、のり面が四角で角まで塗れる「カクノリ」を発売
コクヨは、のり面が四角で角まで塗れる「カクノリ」を発売する。液体のりとスティックのりの2種類を用意。小学生がのりを利用する際の「角がうまく塗れない」「のりがはみ出る」「すぐにはがれてしまう」などのニーズに応えた。液体のり、スティックのりともに、小学生でも扱いやすいサイズ感で、指にフィットし滑りにくい形状に仕上げた。

3月26日 モトローラ、SIMロックフリーの「moto g10」「moto g30」を発売
モトローラ・モビリティ・ジャパンは、Android OSのスマートフォン「moto g10」「moto g30」の2品を国内の各チャネルで発売する。各SIMロックフリーで、クアッドカメラと6.5インチディスプレーを搭載。「moto g10」のバッテリー容量は5000mAh(ミリアンペア時)で約2日間の駆動に対応する。カラーは、サクラパールとオーロラグレイの2色を用意。「moto g30」は、6400万画素カメラを搭載。カラーは、ダークパールとパステルスカイの2色。

3月26日 東京ミッドタウン日比谷で「HIBIYA BLOSSOM 2021」が開催
春の花で日比谷の街を明るく彩る「HIBIYA BLOSSOM(ヒビヤブロッサム)2021」が東京ミッドタウン日比谷(東京・千代田)で開催される。華やかな花の装飾で春を感じる庭「HIBIYA BLOSSOM GARDEN」、花のマルシェ、春にまつわるアート作品の展示などの企画を実施。東京ミッドタウン日比谷の開業記念日となる21年3月29日には、先着500人に「春のお花のギフト」も用意する。4月18日まで。

3月30日 京王電鉄、会員制サテライトオフィス「KEIO BIZ PLAZA」を開業
京王電鉄は、東京・府中市の商業施設「ぷらりと京王府中」と東京・八王子市の「京王八王子ショッピングセンター」に、会員制サテライトオフィス「KEIO BIZ PLAZA」を開業する。KEIO BIZ PLAZAでは初となる個室席も導入する。入退室は利用者のスマートフォンなどに発券されるQRコードを用いて管理。利用者は非接触かつ非対面で手続きができる。両店舗は無人営業で運営する。セキュリティー対策として、動体検知や遠隔操作可能な監視カメラを導入。また、1日1回程度スタッフ巡回を実施する。

火を使わない「たき火ガジェット」 未来消費カレンダー新着情報(画像)

3月31日 ファミリーマート×TTG、無人決済システムを採用した1号店を開店
ファミリーマートと無人決済システムの開発を手掛けるTOUCH TO GO(タッチ トゥ ゴー)は、無人決済システムを導入した第1号店「ファミマ!!サピアタワー/S店」(東京・千代田)を開店する。設置されたカメラなどの情報から、入店者と入店者が手に取った商品をリアルタイムに認識。出口付近の決済エリアに入店者が立つとディスプレーに購入商品と金額が表示され、電子マネーなどで迅速に買い物ができる。

3月31日 「SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)」が閉館
東京・港区高輪に立地する複合商業施設「SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)」が閉館する。品川駅周辺開発事業の先行開発として同施設の敷地に京浜急行電鉄の旗艦店となる開発計画を実施しており、その早期竣工及び開業を目指すのが理由。同施設は、11年4月に「ホテルパシフィック東京」を改装して開業した。