クラフトビールやスキンケア商品などを手掛けるMOON-X(東京・目黒)が、期間限定の新商品「日向夏IPL」を2021年3月15日に発売した。宮崎の地ビールメーカーなどとの協業によるもので、従来製品に寄せられたフィードバックを生かして開発した。競争が激化するクラフトビール市場で重視するのは、よりビールを楽しめる体験やストーリー、オンライン飲み会などのコミュニティーだという。

 MOON-Xが発売した「日向夏IPL」は、地ビールメーカーの宮崎ひでじビール(宮崎県延岡市)、みかんづくりを手掛ける緑の里りょうくん(宮崎県日南市)との協業によるもので、日向夏を使用したクラフトビールだ。開栓すると日向夏の香りが広がり、その風味や爽やかさ、ほどよい苦みが味わえる。価格は330ミリリットル瓶入りが5本で3960円、24本で1万5840円(いずれも税込み)。クラフトビールブランド「CRAFT X」のWebサイトなどで購入できる。

MOON-Xの期間限定クラフトビール「日向夏IPL」
MOON-Xの期間限定クラフトビール「日向夏IPL」

 MOON-Xは、米フェイスブック日本法人の前代表、長谷川晋氏が2019年に創業したスタートアップだ。クラフトビールのブランド「CRAFT X」を立ち上げ、テスト販売を経て20年1月に木内酒造との協業による第1弾商品「クリスタルIPA」を発表。単品販売のほかサブスクリプションモデルでの販売で話題を呼んだ。ユーザーからのフィードバックをくみ取って製品をアップデートしていく「進化するビール」を掲げ、ラインアップを拡充しながら、21年1月末までの約1年半で累計販売本数5.6万本というクラフトビールとしては速いペースで出荷している(関連記事「クラフトビールも月額制&D2C 前フェイスブック日本代表が起業」)。

 好調の背景には、コロナ禍により自宅で過ごす時間が増えたことなどにより、様々なビールや飲料を試してみたい人が増えていることがある。そこにクラフトビールが当てはまった形だ。

 長谷川氏は「みんなで店に入って“とりあえずビール”という文化もいいが、オンライン飲み会などで、自宅で飲みたいものをそれぞれが選んで飲むようになってきた。その流れがクラフトビールにマッチしている」と語る。