日経クロストレンド「未来消費カレンダー」は、将来話題となりそうな新製品、新施設、商戦・イベントなどの予定を一覧できるサービスだ。新着情報を毎週金曜日に更新している。2021年4月9日「キングジム、顔に直接貼り付ける『ひもなしマスク』を発売」など21件の情報を追加した。

【2021】
3月17日 JR東日本など、VRと5Gを活用した「未来の物産展 from 青森」開催
JR東日本、ABAL及びNTTドコモなどは、東京駅に隣接する「JAPAN RAIL CAFE」(東京・千代田)で、VR技術と5Gを活用した「未来の物産展 from 青森」を開催する。来場者はVRゴーグルを装着するとVR空間内で青森県の観光、物産、食を体験できる。従来、各地の物産展を首都圏駅で開催する際、出店事業者は物理的距離や出店コストなどの課題があった。VR技術を利用することで、課題の解消や地方事業者の都心でのビジネス展開の支援を図れないか検証する。21年3月28日まで。

3月20日 日本交通、「お花見タクシー2021」を期間限定で運行
日本交通は、同社の観光乗務員が薦める都内の桜の名所を巡る「お花見タクシー2021」を期間限定で運行する。日本交通に在籍する約1万人の乗務員から選抜された、観光ガイド資格を持つ担当乗務員がその日の見ごろを考慮してタクシーで効率よく案内する。発着地を限定した「2時間カジュアルコース」では、東京駅発着、上野駅発着、品川駅発着を用意する。また、駅発着以外でも千代田区、中央区、港区内の発着も受け付けるという。運行は4月10日までを予定する。

3月22日 「フェアフィールド・バイ・マリオット・栃木日光」が開業
マリオット・インターナショナルは、「フェアフィールド・バイ・マリオット・栃木日光」(栃木県日光市)を開業する。全91室。1室の広さは平均25平方メートル。全館禁煙となる。同社は、20年から積水ハウスと地方創生事業「Trip Base 道の駅プロジェクト」の一環として、道の駅に近接するホテルを生かした地域の観光資源のネットワーク化を進めている。今後も21年内に「同 和歌山串本」「同 和歌山すさみ」「同 岐阜高山荘川」の開業を順次予定する。

3月24日 「ピーナッツ生誕70周年記念 スヌーピー タイムカプセル展」開催
大丸松坂屋百貨店は、「大丸神戸店」(神戸市)で「ピーナッツ生誕70周年記念 スヌーピー タイムカプセル展」を開催する。PEANUTSの歴史や変遷を感じられる年代別の展示コーナーやフォトスポット、イベントオリジナル商品の販売などを行う。会場内に設置された5つのイラストを探して、鍵穴に鍵をかざすと展示の最後でコミックイラストを1種持ち帰ることができる企画も実施する。21年4月5日まで。

3月26日 プラス×セーラー万年筆、D2Cブランド「ancora」の提供を開始
プラスとセーラー万年筆は、自分だけのオリジナルギフトやアイテムをつくる楽しみを提供するD2Cブランド「ancora(アンコーラ)」を立ち上げる。併せて、オンラインショップとリアルショップ(東京・銀座)を同時に開業する。利用客は、オンラインショップで商品を選びアソートし、店舗で好きなパッケージでギフトに仕上げることもできる。また、ショップでカスタマイズした万年筆をオンラインで注文することもできるという。

3月26日 ロフト、北海道で2店舗目となる「アリオ札幌ロフト」を開業
ロフトは、商業施設「アリオ札幌」(札幌市)内に、北海道で2店舗目となる「アリオ札幌ロフト」を開業する。ロフトとしては国内135店舗目。売り場面積は約782.8平方メートル。文具雑貨、健康雑貨、バラエティー雑貨、生活雑貨の4領域を軸に全体で約1万7800種類の商品を扱う。

3月26日 H&M、横浜に「H&M モザイクモール港北店」を開業
H&Mは、「H&M モザイクモール港北店」を横浜市にあるモザイクモール港北内の1階に開業する。売り場面積は約1780平方メートル。1フロア構成で、レディース、メンズ、キッズ、アクセサリーを扱う。トレンドアイテムからベーシックまで、幅広い商品をラインアップする。

3月27日 温泉道場×KURAND、サウナの後に飲むクラフトビールを発売
「おふろcafe」などの温浴施設を運営する温泉道場は、サウナの後に飲むためのクラフトビール「After SAUNA Ale(アフターサウナエール)」を発売する。温泉道場グループのサウナのある店舗売店やオンラインストア「KURAND」で扱う。同商品は、KURANDなど酒類の販売事業を行うリカー・イノベーションと共同で開発。愛媛県産の伊予柑を使ったさわやかなホワイトビールで、サウナ後に飲みやすいように苦みよりもクリーミーさを重視した。アルコール分は5%。