パナソニックはオンラインイベント「CES 2021 Panasonic in Tokyo」で、社内で開発を進める17の新規事業を紹介し、それぞれの開発担当者が最新状況を伝えた。デザイン部門が主導したプロジェクトも多く、単なるプロダクトやサービスの枠を超えた試みもあった。

イベントで実施した「aura meditation」のデモ風景
イベントで実施した「aura meditation」のデモ風景

 このイベントは、2021年1月に開催された米国の展示会「CES 2021」と同時期に実施することで、これまでの取り組みを強くアピールすることを狙った。

 例えば、同社のデザイン部門「FUTURE LIFE FACTORY」と同プロダクト解析センターは共同で、「aura meditation」(オーラメディテーション)と呼ぶ仕組みを発表。「感性センシング」という独自技術を活用し、視線や口角など顔全体のバランスを分析することで自分の内面の状態を“オーラ”のように可視化する。オーラとは生体が発散するとされるエネルギーの一種。今回は表現の手段として用いており、本当のオーラを可視化しているのではない。

 イベントのデモでは、大型ディスプレーの前に座るとすぐ表情を分析。そのときの気分や調子を読み取り、人相などから算出した性格も含め、画面上に赤やオレンジ、青などオーラの色や形、質感として288通りで表示。「穏やか」「人気がある」といった文字も映す。データではなくオーラにした理由は、感覚的に「自分らしさ」を理解してもらうため。いわば新しい瞑想(めいそう)体験の提案といえそうだ。

大型ディスプレーの前に座ると、顔の状況を読み取り、数秒で“オーラ”が映し出される
大型ディスプレーの前に座ると、顔の状況を読み取り、数秒で“オーラ”が映し出される
オーラは色や形、質感で表現。性格などを文字でも表示する
オーラは色や形、質感で表現。性格などを文字でも表示する
パナソニックのプロダクト解析センターが開発した「感性センシング」の技術を活用し、表情を分析することでオーラにつなげる
パナソニックのプロダクト解析センターが開発した「感性センシング」の技術を活用し、表情を分析することでオーラにつなげる

ミストや照明で不思議な体験つくる

 瞑想体験の提案はもう1つある。デザイン本部が関わったプロジェクトで、暑さ対策のために開発した同社の極微細ミスト「シルキーファインミスト」を生かした「(MU)ROOM」と呼ぶ瞑想部屋をつくってデモしていた。

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
1
この記事をいいね!する