オリックス自動車(東京・港)は2021年3月1日から、カーシェアリングサービスに平日限定で乗り放題となる「個人平日定額プラン」を新たに導入する。カーシェアの月額固定での乗り放題プランは、大手事業者では初の取り組みとなる。

オリックス自動車が導入する、カーシェアの月額固定での乗り放題プランは、大手事業者では初の取り組みとなるという
オリックス自動車が導入する、カーシェアの月額固定での乗り放題プランは、大手事業者では初の取り組みとなるという

 オリックス自動車が新たに導入する平日限定乗り放題のカーシェアリングサービス「個人平日定額プラン」は2021年2月19日に申し込み開始。3月1日より利用可能となる。カーシェアの月額固定での乗り放題プランは、大手事業者では初の取り組みで、「大手初とうたうのは、大手以外では乗り放題をうたうプランがあった」(レンタカー本部カーシェアリング事業推進チームの竹田義則氏)ため。

 平日のみ対象で、1乗車当たりの利用上限時間を守れば、車種、走行距離、乗車回数(同日内に何度でも利用可能)に関係なく、定額の月額料金で利用できる。オリックスカーシェアの全国のステーションに配備する、全車種が対象となっており、スマートフォンアプリから簡単に予約できる。

 プランは2種類で「1回当たり3時間以内」で月額9900円、「同6時間以内」で同1万6500円(いずれも税込み)。最短15分より、15分単位で平日の最大予約可能時間まで予約できる。なお、NTTドコモと提携している「dカーシェア 専用プラン」には今回のプランは適用されない。

カーシェアは平日の個人利用が増加

 同社によれば、「02年にカーシェアリング事業を開始して以降、業績は伸びており、車両台数、会員数ともに伸びてきたが、コロナ禍においても、市場規模は拡大している」(レンタカー本部カーシェアリング部長の中村健太郎氏)。

 ただしコロナ禍において、カーシェアリングの利用には変化が起きている。これまでは平日に法人会員の利用率が高かったが、20年4月に緊急事態宣言が発出され、在宅ワークやテレワークが広がると、個人会員のカーシェア利用が増加。4月中は社会情勢を反映し、利用控えが起きていたため前年割れとなったものの、解除されて以降は常に前年を上回った。20年6月から21年1月までの個人会員のカーシェア利用はいずれの月も対前年で120%を超えており、最も多かった7月は137%まで増加したという。

 「従来、個人会員は土日・祝日など休日に使うケースが多く、平日はどちらかというと法人会員が営業活動で使うことが多かった。環境の変化に伴い、平日も個人会員が日常の移動手段として使うケースが増加。法人会員も出社せずに自宅近辺からの移動手段として利用するケースが出ている」(レンタカー本部カーシェアリング事業推進チーム長の山中淳氏)

 同社調査によれば、20年9月~21年1月の個人会員の利用状況は、1回当たり3時間以内の利用件数が前年同期比で約23%増、3時間以上6時間以内は前年同期比で約34%増と、短時間での利用が特に増えている。

 「一方で(提供されている)カーシェア個人会員向けプランは、大手各社とも従量料金のみ」(同社資料より)で、コロナ禍後でも大きな変化はないという。

 そこで同社は平日6時間以下の利用を促進する、個人平日定額プランを設定したわけだ。

オリックス自動車 カーシェアサービスのプランの比較
オリックス自動車 カーシェアサービスのプランの比較