2020年は販売価格が2200万円を超える高級車が好調のビー・エム・ダブリュー(BMW)。コロナ禍の影響を受けながらも、新車投入やオンラインストアの立ち上げなど積極的な施策を展開した。21年も「M」シリーズのラインアップ強化など電動車(EV)を中心に強気の姿勢を崩さない。

コロナ禍の打撃を受けるも前向き姿勢

2021年秋に導入が予定されているBMWのEV「iX(SUV)」。すでに予約は始まっている
2021年秋に導入が予定されているBMWのEV「iX(SUV)」。すでに予約は始まっている

 クリスチャン・ヴィードマン社長は2021年1月26日に開催した「BMWグループ新春記者会見2021」の中で2020年を振り返り、「新型コロナウイルス感染症の影響は避けられなかったものの、それでも前進した」と前向きな姿勢を示した。

 四輪車の「BMW」「MINI」「ロールス・ロイス」の3ブランドと、2輪車の「BMWモトラッド」からなるBMWグループ。20年の新車販売は、BMWが3万5712台で前年比23.7%減、MINIが2万196台で前年比15.2%減と、やはりコロナ禍の影響が小さくなかった。

 一方で、超高級車のロールス・ロイスは販売台数226台と、実数こそ少ないものの前年比5.4%減と下げ幅は小さかった。また趣味性の高いモーターサイクルの実績は、日本での過去最高実績を記録したという。

 ヴィードマン社長が前向きな発言をするのには、大きく2つ要因がある。1つは、「コロナ禍の厳しい状況下、BMWで新車11モデル、MINIで新車1モデルと限定車4モデル、モトラッドで新車4モデルを投入するなど、積極的な新車投入を行ったこと」。もう1つは、「コロナ禍の新たな販売対応として、20年7月に『BMWオンライン・ストア』を立ち上げたこと」だ。後者は、顧客が新車ディーラーに一度も来店することなく、新車購入が可能なシステムを構築し、注目されている。

 また各モデルとも、クリーンディーゼル、プラグイン・ハイブリッド(PHEV)、電気自動車(EV)という次世代環境車に、購入しやすい価格設定の特別仕様車「Edition Joy+」を投入。結果、輸入車メーカーの中で次世代環境車を最も多く販売したという。

2200万円超えるMモデル躍進

 販売台数だけでなく、好調モデルの存在も大きい。その代表例が、スペックもさることながら価格も最上位である高性能な「M」モデル。コロナ禍でも19年比7.7%増と成長し、特に20年12月は19年比15.4%増を記録した。

 車好きの所有者が多いといわれるBMWの中でも、ハイパフォーマンスモデルの「M」シリーズは格別だ。特にMモデルのフラッグシップで2200万円を超える「M8」シリーズと、20年に登場したコンパクト4ドアクーペのスポーツモデル「M235i xDrive」(「2シリーズ グラン クーペ」は369万円~に対し、665万円~)が貢献したという。

 またMモデル以外でも最上級車となる「7シリーズ(セダン)」(1096万円~)、「8シリーズ(クーペ)」(1193万円~)、「X7(SUV)」(ディーゼルモデルで1114万円~)の販売が好調で、3車種の合計販売数は19年比21.2%増まで伸びたという。

 BMWの看板車種である「3シリーズ」(489万円~)は、やはりドイツ車であるメルセデス・ベンツ「Cクラス」、アウディ「A4」などと競合する厳しいジャンルだが、20年はライバルを差し置いて、セグメントトップになったという。

 日本で人気が高いMINIは、16年から5年連続で単一車種登録台数トップを記録。02年3月のBMW MINI日本導入からの累計販売台数は20年夏30万台を突破。ヴィードマン社長は継続的に日本でMINIが支持されていることを強調した。

20年1月28日に日本での販売を開始したBMW「M」のフラッグシップモデル「M8」
20年1月28日に日本での販売を開始したBMW「M」のフラッグシップモデル「M8」