2021年1月11日から14日にかけて開催されたデジタル見本市「CES」。日本貿易振興機構(ジェトロ)は、日本を代表するスタートアップ経営者を招いた講演会をオンラインで開催した。体験型ストアであるb8ta(ベータ)有楽町店内に特設スタジオを設置し、日本発のイノベーションをアピールした。

ジェトロが推進する官民連携のスタートアップ支援プログラム「J-Startup」のCES関連イベントとして、多数の起業家が講演した
ジェトロが推進する官民連携のスタートアップ支援プログラム「J-Startup」のCES関連イベントとして、多数の起業家が講演した

高齢化社会の“先進国”日本のスタートアップからの提案

 新型コロナウイルス感染症拡大を受け、初の完全オンライン開催となった「CES 2021」。ジェトロは19年からCES会場のパビリオンを設け、日本の技術を紹介するための支援をしてきた。今回の「Japanセッション」は、東京・有楽町の体験型ストア「b8ta(ベータ)」内の特設スタジオから、ユーチューブでライブ配信する形となった。

このコンテンツ・機能は会員限定です。