2020年12月3日、関東地方で最大面積を誇る「無印良品 東京有明」がオープンした。従来の無印良品で扱う商品の販売はもちろん、部屋のリフォーム相談や戸建て販売まで手掛ける。物を売るだけでは小売業が立ち行かない時代の「無印良品の大型店」を見据えた第1号。その狙いを聞いた。

「無印良品 東京有明」の外観
「無印良品 東京有明」の外観

 「無印良品 東京有明」は良品計画としては関東で最大面積となる。旗艦店である銀座店を上回る広さで、新潟県にある直江津店に次いで日本で2番目に広い店舗になる(2020年12月時点)。

 「無印良品は今、全国津々浦々の生活者に寄り添った地域出店を加速させていこうとしている。一方で、東京・大阪といった都市部の人口密集地での大型店には、特別な役割がある。この東京有明店では、これからの店舗のモデルとなるよう物販を超えたサービス提供や、地域を超えた交流、コミュニティー活動、環境活動を推進していきたい」(店長の松橋衆氏)

 東京有明店は、これらの役割を担う大型店第1号なのだ。「今回出店して、修正を加えながら、一つの型をつくっていきたい」と話す松橋氏。この店舗のスタイルが確立されたら、大阪、福岡、名古屋、札幌、仙台などの主要都市にも出店していきたいという。

 特に力を入れているのが、無印良品として新たに提供する住まいに関するサービスや、環境に配慮した商品だ。これらを始める理由とは何か。

 「物を売っているだけでは小売業は持たないと思っている。それもあって、住まいに関する新サービスを始めた。さらに、生活者一人ひとりの意識に頼るだけでなく、企業として環境活動を推進するため、洗剤の量り売りなどの新サービスを提供していく」(松橋氏)

収納用品からリフォームまで一気通貫でカバー

 今回の店舗で最も注目すべきは、2階の住空間のフロアだろう。インテリア、収納、全面リノベーション、部分リフォームの相談や、DIYや片付けのサポート、戸建ての相談など、住まいに関することを扱っている。

 これまでも収納用品や家具、家電などは扱っていたが、住宅に関するサービスをここまで拡充するのはなぜなのだろう。

 「新型コロナウイルス感染症の流行で、在宅ワークが広がってきた。無印良品ではちょっとしたパーティションの販売や全面リフォームを行っていたが、それだけではお客様のニーズに応じきれない。間取りを変えたい、部屋の雰囲気を変えたいなど、生活の変化に合わせて気軽に暮らしを変えたいというニーズが潜在的にかなりあったため、無印良品としてご提案できたらと考えた」(松橋氏)

キッチン、リビング、寝室など、部分的なリフォームも相談できる
キッチン、リビング、寝室など、部分的なリフォームも相談できる

 無印良品ならではの住まいのサービスとは、どんな強みがあるのだろうか。

 「我々が考えているリフォームは、見た目を整えるだけではない。例えば棚やキッチンを無印良品でリフォームすると、うまく間取りに収まり、内装デザインともマッチし、さらに棚や引き出しの内寸が、販売している収納用品のモジュールと合うようになっている。変な隙間を残さないし、使い勝手も考えている。単品から空間まで、無印良品のグランドデザインでつなげることができる。一気通貫で、トータルでカバーできるのがメリットだ」(松橋氏)

 松橋氏は、「“単品”を売っているだけでは、本当にその人の趣向や価値観に合った暮らしを提供できていないと以前から感じていた」と話す。1日24時間をいかに快適に過ごすかと考えたときに、“空間”に対して商品提案やサービス提供をしていく必要があると行き着いたそうだ。

有明タワマン住民の声から生まれた「黒い無印」

 東京有明店のメインターゲットは、まずは周辺の有明地域の住民だ。開業前から1年かけて、地域住民へのインタビューや座談会をしたという。しかし、無印良品の熱烈なファンは多くはなかったと松橋氏は話す。

 「無印良品のユーザーの方がいらっしゃったとしても、食品や子供服のみの利用だった。この店で力を入れている住空間に関するアイテムで、無印良品を使っている人はあまりいなかった」(松橋氏)

 理由は、タワーマンションにあった。無印良品はシンプルでナチュラル志向のデザインが多いが、有明エリアで増加中のタワーマンションに多いモノトーンの内装には合いにくいというのだ。そこで生まれたのが、「無印良品の黒」のコーナーだ。

2階に設置された「無印良品の黒」のコーナー
2階に設置された「無印良品の黒」のコーナー

 「有明では無印良品の家具や家電があまり使われていないことを受けて、黒い無印の企画を立ち上げた。タワーマンションの内装はモノトーンなので、無印が得意とするナチュラルなデザインはややミスマッチ。『無印良品の黒』のコーナーに置いてあるのは、新しく作った黒いアイテムと、既存の黒いシリーズ。それぞれ半々ぐらいだが、無印良品で黒の世界観をつくるのは初めての試み」(松橋氏)