東南アジアのタイで制作されるドラマの存在感が急激に高まっている。コロナ禍による外出自粛の期間中からにわかにYouTubeなどで視聴する人が増加。2020年11月27日には、テレビ朝日がタイを代表するテレビ局のGMMTV社と業務提携を発表するなど、21年はタイドラマ旋風が巻き起こりそうだ。

タイドラマブームの火付け役『2gether』 提供:コンテンツセブン/©GMMTV COMPANY LIMITED, All rights reserved 2021年2月21日Blu-ray BOX発売
タイドラマブームの火付け役『2gether』 提供:コンテンツセブン/©GMMTV COMPANY LIMITED, All rights reserved 2021年2月21日Blu-ray BOX発売

 日本で本格的にタイドラマの人気に火が付いたのは、2020年のゴールデンウイーク前後から。きっかけとなったのは、GMMTVが制作し、タイで2月に放送を開始した『2gether(トゥギャザー)』だ。同作は当時、日本未放送・未配信だったが、YouTubeで視聴した日本のファンがツイッターに「面白い」と投稿。その評判がコロナ禍で新しいコンテンツを求める人に伝播(でんぱ)し、一気に知名度を上げたのだ。

 日本での『2gether』の配給権を獲得したコンテンツセブン(東京・中央)は、タイドラマのファン層を次のように語る。

 「これまでのアジアドラマのファンは、中高年が中心という印象でした。タイドラマはSNSを通じて熱が広がったことから若年層を含む幅広い世代がファンになっている印象です。SNSを活用してタイ現地の最新情報も入手しており、『2gether』以外にもさまざまな作品や出演俳優が人気を集めています」

 海外作品を扱う日本の配給会社や配信サービス、放送局もタイドラマに注目。『2gether』は20年7月からRakuten TVで配信が、10月からはWOWOWでの放送がスタートしている。GMMTV以外のタイの制作会社の作品も人気を集めており、コンテンツセブンは、タイ・Me Mind Y社が手がけるドラマ『TharnType2 -7Years of Love-』の配給権も獲得している。

 他にも、たくさんの配給会社がタイドラマの配給権獲得に乗り出しており、例えばクロックワークス(東京・目黒)は、『2gether』のスピンオフ特別編に当たる『Still 2gether』などGMMTVの3作品の獲得を発表。WOWOWにて20年12月から順次放送が開始となる。

『TharnType2 -7Years of Love-』 提供:コンテンツセブン/Me Mind Y Co.,Ltd. & Triple Eight Entertainment Co.,Ltd. ©all rights reserved Rakuten TVで配信中
『TharnType2 -7Years of Love-』 提供:コンテンツセブン/Me Mind Y Co.,Ltd. & Triple Eight Entertainment Co.,Ltd. ©all rights reserved Rakuten TVで配信中
『Still 2gether』WOWOWにて放送中 毎週木曜深夜0:00、2月全話一挙放送 ©GMMTV Company Limited
『Still 2gether』WOWOWにて放送中 毎週木曜深夜0:00、2月全話一挙放送 ©GMMTV Company Limited
『I'm Tee, Me Too/アイム・ティー、ミー・トゥー』2021年1月21日、WOWOWにて放送スタート 毎週木曜深夜0:00 ※2話ずつ放送 [第1話無料放送] ©GMMTV Company Limited
『I'm Tee, Me Too/アイム・ティー、ミー・トゥー』2021年1月21日、WOWOWにて放送スタート 毎週木曜深夜0:00 ※2話ずつ放送 [第1話無料放送] ©GMMTV Company Limited
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>