大阪のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」が新エリア「SUPER NINTENDO WORLD(スーパー・ニンテンドー・ワールド)」を、2021年2月4日に開業すると発表した。USJ史上最高額となる600億円超を投じて開発した「世界初の任天堂エリア」で、ベールに包まれたメインアトラクション「マリオカート」の一端も明らかになった。USJは、どんな仕掛けと遊び心を盛り込んだのか。

乗り場となる「マリオカート・ステーション」。カートにはハンドルがあり、天井には土管や歯車があしらわれていた=2020年11月30日、大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン
乗り場となる「マリオカート・ステーション」。カートにはハンドルがあり、天井には土管や歯車があしらわれていた=2020年11月30日、大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン

マリオカートはクッパ城の中にある

 「マリオカートを世界で初めて現実世界に再現した」。20年11月30日、米ユニバーサル・クリエイティブのエグゼクティブ・プロデューサーであるトーマス・ギャラティ氏は報道陣を前に、自信に満ちた表情でそう口にした。

 世界で累計1億5000万本以上を売り上げた大人気ゲームシリーズ「マリオカート」に乗り込み、実際にハンドルを握ってレースに挑む。この世界初のライドアトラクションの名は「マリオカート ~クッパの挑戦状~」。

 サーキット場は「クッパ城」の中にある。クッパ城は新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」内でもひときわ目立つシンボル的な建物。その内部は、石造りの壁で囲まれ、荘厳な雰囲気を醸し出していた。

 城内に潜入してまず視界に飛び込んでくるのは「大階段の間」だ。階段の上で待ち受けるのは、“等身大”のクッパの石像。ゲストを威圧するように仁王立ちで両手を大きく広げ、今にも噛みつきそうなほど、牙をむき出しにしている。

クッパ城に入ってすぐに目に入るのは「大階段の間」
クッパ城に入ってすぐに目に入るのは「大階段の間」
等身大のクッパの石像がにらみを利かせる
等身大のクッパの石像がにらみを利かせる

 その脇をすり抜けて廊下を進むと、スターカップやキノコカップ、フラワーカップなど、歴代のマリオカートシリーズに登場したトロフィーがずらりと並ぶ一角があり、クッパからの挑戦状が突きつけられる。

 「よく聞け、マリオ!わがはいの城に来い!カートでしょうぶだ!待っているぞ、逃げるなよ!ガーッハッハッハ」

クッパからの挑戦状(左)とUSJのロゴを模したオリジナルトロフィー
クッパからの挑戦状(左)とUSJのロゴを模したオリジナルトロフィー
(左から)バナナカップ、このはカップ、キノコカップ、スペシャルカップ、スターカップ、フラワーカップ、こうらカップ、サンダーカップ。精巧につくられた歴代トロフィーの数々を間近で眺められる
(左から)バナナカップ、このはカップ、キノコカップ、スペシャルカップ、スターカップ、フラワーカップ、こうらカップ、サンダーカップ。精巧につくられた歴代トロフィーの数々を間近で眺められる

 アトラクションへと続く長い廊下にこうしたアイテムがちらばり、歩みを進めるだけで冒険心がかきたてられる。

奥に見えるは鋼鉄の扉。アトラクションへと向かう通路にも、ゲーム内の世界観やアイテムがちりばめられている
奥に見えるは鋼鉄の扉。アトラクションへと向かう通路にも、ゲーム内の世界観やアイテムがちりばめられている

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する