ファーストリテイリング傘下のジーユー(GU)が2020年12月1日、「2021年春夏方針発表会」を開催した。若者向け低価格商品のイメージのある同社が、21年は「ファッション×低価格」をテーマに掲げ、さらに安さを追求する。マスクもファッションの一要素として取り入れ、アパレルに厳しいコロナ禍での業績向上を目指す。

スタッフとともに、ショーにもモデルとして登場したジーユーの柚木治社長
スタッフとともに、ショーにもモデルとして登場したジーユーの柚木治社長

最大3割、価格を下げた商品も販売予定

 「2020年8月期(通期)は売り上げ2460億円、営業利益218億円と増収を達成し、厳しい状況下で健闘できたと思っている」――。ジーユーの柚木治社長は「2021年春夏方針発表会」の冒頭、そう胸を張った。コロナの影響を受けて、業績が低迷するアパレル企業が多い中、ジーユーの売り上げは3~5月の厳しい時期を経て、6~8月には回復。20年8月期の売上収益は、通期で前年比3.1%増となった。

 ネットショップでのEC(電子商取引)も好調だ。前年比で約6割の増収(20年8月期・通期)となり、売り上げ構成のうち約9%をECが占めた。

ジーユー2021年春夏方針発表会で会見する柚木社長
ジーユー2021年春夏方針発表会で会見する柚木社長

 そうした中、同社は21年春夏方針で「ファッション×低価格」を大きなテーマの1つとして掲げた。そもそもユニクロに比べて低年齢層をターゲットにし、低価格商品のイメージがあるジーユーだが、今回はさらに低価格を強化。例えば女性向けワンピースでは、前シーズン2990円(税別、以下同)だった商品と同等で、21年春夏では1990円と3割以上の低価格を実現した商品もある。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>