新型コロナウイルス禍の米国でも、日本と同様に自宅でのテレワークが定着しつつある。テレワークの現状を調査している米ギャラップによると、2020年9月の後半2週間中、いつもテレワークしていた人は全体の33%、時々している人は25%だった。いつもテレワークをする割合は4月の51%からは減ったが、全就業者の3分の2はテレワークを続けたいと希望しているという。

 しかし誰もが自宅に整ったテレワーク環境を持っているわけではない。多くの人は、金銭的・空間的に余裕はないだろう。そこでよく売れているのが、テレワーク向けの安価なデスクだ。200ドル程度の価格ですぐに使えるデスクが数多く出回り、デザイン上の工夫も見られる。

 例えば米ボラームインダストリーズの「アエロデスクセット」は、幅80センチで奥行き48センチと、ベッドルームの角にも設置できるほどの小型サイズ。それでいて目隠しによって、囲まれたような安心感を生み出す。椅子は使用していないときはデスク下にしまい込める。

140ドルでベンチ型の椅子まで付いた米ボラームインダストリーズの「アエロデスクセット」(価格は税別、以下同)(https://boraamindustries.com)
140ドルでベンチ型の椅子まで付いた米ボラームインダストリーズの「アエロデスクセット」(価格は税別、以下同)(https://boraamindustries.com)

 それよりも一回り大きな米GDFスタジオの「アレキサンドリアモダン」は、棚や収納を設けながらスッキリしたデザインに収めた。モニターを棚の上に置いたり小物をまとめたりできる心遣いが感じられる。

手ごろな価格のデスクを数多く販売する米GDFスタジオの「アレキサンドリアモダン」。幅120センチで奥行き60センチと余裕のある大きさで、価格は119.03ドル(https://gdfstudio.com)
手ごろな価格のデスクを数多く販売する米GDFスタジオの「アレキサンドリアモダン」。幅120センチで奥行き60センチと余裕のある大きさで、価格は119.03ドル(https://gdfstudio.com)

 米テクニモビリの「マルチプルストレージ」は、ケーブル収納といった機能を盛り込み、236.8ドルという手ごろな価格で販売している。

ケーブル収納や引き出しも盛り込んで、機能性とデザインを両立させた米テクニモビリの「マルチプルストレージ」(https://technimobili.com)
ケーブル収納や引き出しも盛り込んで、機能性とデザインを両立させた米テクニモビリの「マルチプルストレージ」(https://technimobili.com)

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する