アスクルは2020年11月17日から12月16日までオンラインイベント「暮らしになじむLOHACO展.com」を開催。「LOHACO ECマーケティングラボ」に参加する23社が、LOHACO向けの新商品として30品目を発表し、同サイトで販売を開始した。今回のテーマは「サステナブル」と「暮らしのお悩み解決」。

 「暮らしになじむLOHACO展」は6回目。今回は新型コロナウイルスの影響を考慮し、初めてオンライン形式を採用。商品の説明だけでなく、インフルエンサーがアスクル社内の展示スペースから商品を紹介する様子をライブ配信するなど、オンラインならではのライブコンテンツも用意した。この他、事前にサンプルを配布したモニターによる商品体験談のSNS投稿、売り上げ実績による人気ランキングの発表、特別限定セットの販売といったイベントも実施している。

 今回のテーマは「サステナブル」と「暮らしのお悩み解決」。前回に引き続きサステナブル(持続可能な)をテーマとした理由は、「消費者のエシカル思考は高まっているとはいえ、価格やデザイン、機能性に優れていないと購入に至らない。そこを私たちとしては支援したかった」と取締役CMO(最高マーケティング責任者)の木村美代子氏は話す。

 暮らしのお悩み解決についても、これまでもそうした商品を提供してきたことを新型コロナ下における「新しい生活様式」への移行に伴い、改めて言語化しようと思ったという。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>