みんなで遊ぶほうが楽しいのだが、人が集うことを自粛せざるをえない今はそれぞれ自宅で遊ぶしかないのが残念ではある
みんなで遊ぶほうが楽しいのだが、人が集うことを自粛せざるをえない今はそれぞれ自宅で遊ぶしかないのが残念ではある

『マリオカート』新作はARでリアルと融合 35周年イヤーの注目作

2020年12月02日
  • 任天堂の『マリオカート ライブ ホームサーキット』。Nintendo Switch用ゲームソフトにRCカーなどが同こんされている(9980円、税別)
  • 日経BPの会議室でサーキットを作ってみた。同こんされている4つのゲートや矢印看板を配置。ゲートを番号順にくぐるようにサーキットを設定してある
  • マリオの頭上にある白い部分がカメラ。それで映した光景がNintendo Switch本体にリアルタイムで表示される。プレーヤーはこの画面を見てカートを操作する
  • 雪が降っているコース。設置したゲートの上に雪が積もって見えることが分かるだろうか
  • お化け屋敷をイメージしたコースでは、四隅が暗くなっていて視界がぼんやりと狭い。遠くにはゴーストも見える
  • コース上に磁石が登場。カートが強制的に引き寄せられる
  • みんなで遊ぶほうが楽しいのだが、人が集うことを自粛せざるをえない今はそれぞれ自宅で遊ぶしかないのが残念ではある