「DX」(デジタルトランスフォーメーション)というキーワードが今、注目されている。「データとデジタル技術を使った企業変革」を指すが、マーケティングの改革こそその本丸だ。新たに生じるデータの収集・分析から始めてDXを実践した企業には、明るい未来が待っている。

マーケティングDX(デジタルトランスフォーメーション)を実践できない企業は未来の針路を見失う(写真/Shutterstock)
マーケティングDX(デジタルトランスフォーメーション)を実践できない企業は未来の針路を見失う(写真/Shutterstock)

 DXとは一般的に、企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、ユーザーや社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立することを指す。

 大上段な取り組みに見えたせいか、2019年ごろまでは、日本でDXに本格的に取り組む企業はまだ少なかった。ところが、20年に新型コロナウイルスの感染が世界中で拡大。世界の多くの企業で、テクノロジーの活用による、業務の効率化やユーザー対応の高度化が一気に進んだ。まさにコロナ禍のおかげでDXの推進が加速された格好で、日本でも多くの企業で、「DXの推進」が錦の御旗になっている。

DXの本丸はマーケティング

 このDXの本丸とも言えるのがマーケティングだ。

 いい製品やサービスを作れば売れた時代はとうに過ぎている。キャッシュレスやD2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)、サブスクリプションビジネスなどが普及段階に入ると、ネットとテクノロジーを使ってユーザー(市場)の声を収集することが容易になる。そうして得られたデータを分析し、商品やサービスの開発に反映する。そして適切なユーザーに、適切なタイミングで、適切なメッセージを伝え、商品やサービスを購入したり、利用したりしてもらう。そして再びユーザーの声に耳を傾け、日々改善を続ける……。

 こうした、DXをマーケティングや新規事業開発の視点から実行する取り組み、すなわちマーケティングDXが、どんな企業にとっても欠かせないものになってきたのだ。

2年前より17%増えている

日本の上場企業のWebサイトにおけるマーケティングなどのサービス利用状況
日本の上場企業のWebサイトにおけるマーケティングなどのサービス利用状況
2020年8月時点での、2年前の同時期との利用数を比べ、その増加率を示した。対象は3679サイト(出所:DataSign)

 実際、日本でも、マーケティングDXを導入し、活用しようという機運は高まっている。データ活用の支援会社であるDataSign(東京・港)が行っている、日本の上場企業のWebサイトでのデジタルマーケティング関連を中心とした調査によると、20年8月は2年前よりも活用しているサービス数が17%増えた。各企業がユーザーの傾向を分析し、マーケティングに生かそうとしていることがうかがえる。

DX先進企業は業績も好調

 マーケティングの領域だけにとどまらないが、DXに取り組む企業とそうでない企業との業績差を指摘する調査もある。

経済産業省と東京証券取引所が調査したDXの先進企業とその他企業の業績比較
経済産業省と東京証券取引所が調査したDXの先進企業とその他企業の業績比較
3年間の自己資本利益率(ROE)による比較(出所:経済産業省、東京証券取引所「DX銘柄2020」)

 経済産業省が東京証券取引所と共同で20年8月に発表した、「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)」の調査によると、DXに取り組む先進企業は業績が高いというデータがある。3年間の自己資本利益率(ROE)の平均を見ると、DXへの取り組みが優秀であると認定された「DX銘柄2020」の企業は7割以上がROE8%以上となった。

 多くの企業にとって、マーケティングDXを実践するには、組織の整備や人材の確保など課題が山積している。とはいえ、実践しない企業に明るい未来は待っていない。まずは新たなユーザーデータを収集・分析し、商品やサービスの開発やプロモーションなどマーケティングの高度化から取り組むのがよさそうだ。

『最新マーケティングの教科書2021』
新型コロナ禍で加速 マーケティングDXに今取り組むべき理由(画像)
 毎年11月に発売してきたムック『マーケティングの教科書』シリーズの第8弾。日進月歩の勢いで進化するデジタルマーケティングの最新動向がこれ1冊で分かります。
 最新キーワード、基本のキーワード、先端技術ワードを合わせ計39のキーワードを取り上げて解説したほか、先進企業のケーススタディーと米国の最新事情リポートも掲載。今年は新たに「マーケティングに必須の法律知識」も載せました。また注目企業の1つ、ワークマンの土屋哲雄専務や、ビリー・アイリッシュのヒットも記憶に新しいユニバーサルミュージックの藤倉尚社長らキーパーソン3人へのインタビューも掲載しています。
 経営層、マーケティング担当者、経営企画担当者、新規事業担当者、それにマーケティングに関心のある学生などにぴったり。8年目に突入したシリーズの醍醐味をぜひ楽しんでください。

Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する

【新刊予約受付中】
専門レポート『マーケティングDX最新戦略』

顧客に適時に適切な方法で売り込み、顧客に寄り添ってカスタマーサクセスを実現するにはどうすべきか。マーケティング×DXの戦略立案、実行に必要な打ち手がここに。
日経クロストレンド編集部、日経BPシリコンバレー支局、20人以上の専門家が執筆。600ページ以上に、国内100社、海外50社、1234のマーケテックソリューション一覧、打ち手を見つけられるマーケティングDXマップなどを掲載。
日経BPのマーケティングDX最新戦略サイトへ