「本当においしいブラックコーヒーは、甘い」。ファミリーマートはこんな刺激的なコピーを掲げ、「ファミマカフェ」のブレンドコーヒーを刷新。世界一のバリスタとの共同開発による「甘味焙煎」で、商品力を高めた。顧客づくりに適した商材と位置づけるコンビニコーヒー(カウンターコーヒー)に力を注ぐ。

CMキャラクターに稲垣吾郎を起用し、コーヒーなのに「甘い」をアピールするファミマカフェの新ブレンドコーヒー
CMキャラクターに稲垣吾郎を起用し、コーヒーなのに「甘い」をアピールするファミマカフェの新ブレンドコーヒー

 ファミリーマートは、カウンターで販売するファミマカフェの主力商品「ブレンドコーヒー」をリニューアルした。2016年に、世界一のバリスタを決める国際大会「World Brewers Cup」でアジア人として初めてチャンピオンになった粕谷哲氏と組み、取り組んだ同商品のコンセプトは「本当においしいブラックコーヒーは、甘い」。豆の配合や抽出方法を一から見直した結果、たどり着いたのが「甘味焙煎」だった。

 甘味焙煎とは、温度と時間を徹底管理することで化学反応をコントロールし、豆本来の甘さを際立たせる焙煎方法のこと。深煎り豆の配合率を従来比1.5倍以上に増やしたことによるコクと、甘味焙煎で際立たせた“コーヒーの甘さ”が特徴だという。

 商品設計では「『甘い』という新しい視点の味覚と、もう一口、もう1杯と飲みたくなるような味づくりにこだわった」と粕谷氏。「苦味やコクといった従来のコーヒーの評価基準以外の視点で、ファミマのコーヒーを楽しんでもらえたら」と期待を込める。価格は100円(税込み)。20年10月20日から全国のファミリーマート約1万6000店で発売した。

深煎り豆の配合率を従来比1.5倍以上に増やしたコクと、甘味焙煎で引き出したコーヒー豆本来の甘さを特徴とする
深煎り豆の配合率を従来比1.5倍以上に増やしたコクと、甘味焙煎で引き出したコーヒー豆本来の甘さを特徴とする

コーヒーなのに「甘い」を追求した理由

 ところで、コーヒーなのに「甘さ」を追求した理由は何か。ファミリーマート商品・マーケティング本部ファストフーズ部カフェ・スチーマーグループの高見沢祐介氏は、こう説明する。

 「コーヒーの味は大体、コク、酸味、苦味という概念になる。しかし、どの食べ物においても『おいしい』と感じるのは、甘みが主だろう。それはコーヒーも同様だ。コーヒー豆はもともとコーヒーチェリーと呼ばれる果実(の種)。果実本来の甘みを感じてもらうことが、一番のおいしさだと考えた」(高見沢氏)

 近年は、飲料全般で「甘さ離れ」が著しい。だが、新たなブレンドコーヒーで訴求したのは、砂糖のような分かりやすい甘さではない。高見沢氏はこれを「(飲んだときの)ファーストインプレッションではなく、味覚の奥で感じる『なぜかおいしい』という印象につながる甘さ」と表現する。そして、この「『なぜかおいしい』につながる味こそ甘さなのだということを顧客にも知ってもらいたくて、全面的にアピールしている」と言葉に力を込めた。

 同時に、共同開発のパートナーとして粕谷氏を選んだのは「世界一のコンビニコーヒーを作るため」(高見沢氏)ともいう。リニューアル前のブレンドコーヒーも自信を持って販売している商品だったが、味わいへのこだわりが顧客にまで届いていないという課題を感じていた。そこで、コーヒーを熟知する粕谷に協力を求めた。粕谷氏には同社のコーヒーマシンでできることをすべて理解してもらい、「豆の配合と焙煎を掛け合わせる無限のパターンから“ベスト”を追求した」と高見沢氏は自信を見せた。

バリスタの粕谷哲氏。2015年に「Japan Brewers Cup 2015」で優勝。16年に「World Brewers Cup 2016」で日本人初の決勝進出、アジア人初の世界制覇を達成
バリスタの粕谷哲氏。2015年に「Japan Brewers Cup 2015」で優勝。16年に「World Brewers Cup 2016」で日本人初の決勝進出、アジア人初の世界制覇を達成