パソナグループが淡路島で運営するアニメパーク「ニジゲンノモリ」にゴジラの迫力を体感できる世界初のアトラクションが2020年10月10日にオープンした。NARUTOにクレヨンしんちゃん、ハローキティといった人気キャラクターの施設を、島内に次々と開設するパソナの狙いは何なのか。

ゴジラをテーマにその迫力を体感できる世界唯一のエンターテインメントアトラクション「ゴジラ迎撃作戦 国立ゴジラ淡路島研究センター」。2020年10月10日、淡路島のアニメパーク「ニジゲンノモリ」内に誕生した
ゴジラをテーマにその迫力を体感できる世界唯一のエンターテインメントアトラクション「ゴジラ迎撃作戦 国立ゴジラ淡路島研究センター」。2020年10月10日、淡路島のアニメパーク「ニジゲンノモリ」内に誕生した

巨大ゴジラに突入するアトラクションが人気

 新アトラクションの名称は「ゴジラ迎撃作戦 ~国立ゴジラ淡路島研究センター~」。ニジゲンノモリ内の約5000平方メートルの敷地に、オリジナル映像が見られるシアターやジップライン、ミュージアムなど4つのアトラクションを用意した。淡路島に上陸し、活動を封じ込められたゴジラを、架空の施設である国立ゴジラ淡路島研究センター(略称NIGOD)の一員として参加者が監視するというストーリー設定だ。

 ゴジラエリアに到着してまず驚かされるのが、全長約120メートルという実物大の巨大ゴジラ。口を大きく開けたゴジラは今にも動き出しそうなくらい迫力があり、真っ赤に発光する表皮や不ぞろいなするどい牙などは、映画「シン・ゴジラ」のゴジラを思い起こさせる。その巨大ゴジラの体内に飛び込み、警戒監視のミッションを行うという設定でスリルと迫力を味わえるのがジップライン(ワイヤロープを滑車で滑り降りる遊び)だ。体内に入る162メートルのコースと体表を監視する152メートルのコースがあり、専用ハーネスとヘルメットを装着した後、ゴジラに向かって突入していく。

ゴジラアトラクションの目玉は全長約120メートルの実物大ゴジラ。参加者は国立ゴジラ淡路島研究センターの一員となり、ジップラインやシューティングゲーム、ミュージアムなどを楽しめる。TM &©TOHO CO., LTD.
ゴジラアトラクションの目玉は全長約120メートルの実物大ゴジラ。参加者は国立ゴジラ淡路島研究センターの一員となり、ジップラインやシューティングゲーム、ミュージアムなどを楽しめる。TM &©TOHO CO., LTD.
活動を停止しているゴジラの体内に侵入して監視の任務を遂行するというジップラインはスリルと迫力満点。森の中を滑り抜け、ゴジラに飲み込まれる感覚は新鮮
活動を停止しているゴジラの体内に侵入して監視の任務を遂行するというジップラインはスリルと迫力満点。森の中を滑り抜け、ゴジラに飲み込まれる感覚は新鮮

 内覧会に参加したお笑いタレントのたむらけんじさんは、ジップラインを体験したときの感想を「最初はなめていたけど、めちゃくちゃスピードがあって怖かった。ゴジラに食われる感覚は新鮮」と話していた。

 透明のスマホホルダーを借りられるので、突入の瞬間を撮っておくのもおすすめ。巨大ゴジラの模型の近くにはフォトデッキが用意されているので、ゴジラをバックに自撮りもできる。

 ジップラインを降りたら、ゴジラの体から飛散した細胞を専用の銃でせん滅するシューティングゲームへ。ゴジラ細胞からの攻撃に当たるとスコアが減点される仕組みで、120秒の間に攻撃をかわしながら、もぐらたたきのごとく細胞を潰していく。一度に8人から10人が参加できるので、友達同士や家族と一緒に盛り上がれるゲームになっている。

ゴジラ細胞の増殖を食い止めるために専用の銃で除去するシューティングアトラクション「対ゴジラ細胞シューティング」。120秒間で高スコアを狙う
ゴジラ細胞の増殖を食い止めるために専用の銃で除去するシューティングアトラクション「対ゴジラ細胞シューティング」。120秒間で高スコアを狙う