肌っていろんな層が重なっていて、まるでパフェみたい――。資生堂はパフェに見立て、肌の構造や状態を解説する肌診断サイト「肌パフェ SKIN CHECK」を2020年10月1日から公開している。診断を楽しみ、SNSなどでシェアしてもらうことで、美容食品ブランド「ザ・コラーゲン」の販促につなげたい考えだ。

肌パフェは、真皮・表皮・角層における弾力、厚み、透明度、潤いなどの要素をスイーツで表現する。写真中央はベストな状態、左はやや良くない状態、右はあまり良くない状態を表す
肌パフェは、真皮・表皮・角層における弾力、厚み、透明度、潤いなどの要素をスイーツで表現する。写真中央はベストな状態、左はやや良くない状態、右はあまり良くない状態を表す

肌の表現はパフェに通じるものがある

 肌パフェでは、肌や生活習慣に関する10の質問にユーザーが答えると、現在の肌の状態を分析し、その結果をかわいいパフェに見立てて表現する。皮膚科学を専門に研究する、資生堂グローバルイノベーションセンター監修の下、食の専門家であるパティシエが、肌の構造や質感のイメージをスイーツで表現した新しい試みだ。

 なぜ、肌診断の結果をパフェで表現したのか。資生堂ジャパンライフスタイル事業本部スキンケアマーケティング部「ザ・コラーゲン」ブランド担当の荒木由紀氏は、「あくまでもイメージ」と強調した。肌は薄い組織だが、真皮、表皮、角層といった複数の層でできており、それぞれが異なる役割を果たしている。「この構造と、各層における弾力や厚み、透明度、潤いといった要素を、誰もが見たことがあるパフェの形状と質感で表し、楽しく理解してもらいたい。肌の構造を知るだけでなく、生活習慣や内側からのケアの大切さも伝えたいと考えている」と肌パフェの意図を説明する。

真皮、表皮、角層と重なる肌の構造を肌パフェで視覚的に表現した
真皮、表皮、角層と重なる肌の構造を肌パフェで視覚的に表現した

 本企画に参加したパティシエの國分真氏は「しっとり、ぷるぷる、つやつやといった肌の表現は、スイーツに通じるものがある」と言う。試行錯誤の末、真皮、表皮、角層をそれぞれ複数考案し、3層の組み合わせは全部で75通りになった。

 各層が最も理想的な状態を示す肌パフェでは、「真皮」にフレッシュなさくらんぼをぎっしり敷き詰めて、みずみずしく弾力や厚みがある様子を表現。「表皮」は透き通るように華やかなフラワーゼリーを使って、明るさと透明感を出した。「角層」は、フレッシュベリーやきらきらしたあめ細工でつややかなイメージに仕上げている。

最も理想的な肌の状態を表現した肌パフェ
最も理想的な肌の状態を表現した肌パフェ