アウトドア用品のスノーピークは2020年9月18日、JR大阪駅直結のファッションビル「ルクア イーレ」に釣り具メーカーのティムコとのコラボショップをオープンした。コンセプトは「キャンプフィッシング」。20代後半から30代のアウトドア初心者層に訴求し、キャンプ市場の裾野拡大を狙う。

JR大阪駅に直結するファッションビル「ルクア イーレ」に新設されたアウトドアゾーンに出店したスノーピークの直営店「スノーピーク ルクア イーレ」。20代後半から30代の女性客やファミリー層を狙う
JR大阪駅に直結するファッションビル「ルクア イーレ」に新設されたアウトドアゾーンに出店したスノーピークの直営店「スノーピーク ルクア イーレ」。20代後半から30代の女性客やファミリー層を狙う

スノーピークとティムコの初コラボショップ

 スノーピークとティムコが共同出資した初の直営店「スノーピーク ルクア イーレ」は、ルクア イーレ6階に設けられたアウトドアゾーン「ルクア アウトドア フロム アルビ」の一角にある。JR大阪駅の高架下にあった「アウトドアのアルビ」が20年8月末で閉館し、その売り場を引き継ぐ形で8店舗が移転。米ポートランド発のアウトドアブーツブランド「Danner(ダナー)」と、たき火用ギアに特化した広島発のブランド「野良道具製作所」の2ブランドを加え、計10ブランドがこのゾーンに出店した。

 大阪駅ビルのアウトドアゾーンは、1991年に開業した「ギャレ大阪」に端を発し、30年の歴史がある。2011年に「アルビ」として再オープンして以降も、30代後半を中心としたアウトドア愛好者の支持を獲得。今回新設されたアウトドアゾーンでは、既存客に加え、アウトドアにチャレンジしたいファミリー層や生活の一部にアウトドアを取り入れたい人もターゲットに設定した。

 「アウトドアになじみのなかった人でも、マイペースで楽しめる売り場を提案していきたい」と、JR西日本SC開発・事業企画部担当部長の福本一成氏は話す。グランピングや“おうちキャンプ”が広がるなか、ルクアの主要ターゲットである20代から30代の感度の高い女性を中心に、新たなファンを増やしていきたい考えだ。

スノーピーク ルクア イーレでは、「キャンプフィッシング」をコンセプトに、キャンプと釣りの経験豊富なスタッフが常駐し、新たなアウトドアライフを提案する
スノーピーク ルクア イーレでは、「キャンプフィッシング」をコンセプトに、キャンプと釣りの経験豊富なスタッフが常駐し、新たなアウトドアライフを提案する

 スノーピーク ルクア イーレはアウトドアゾーンの中でも注目テナントの1つ。売り場面積約310平方メートルのうち、スノーピークが227平方メートル、ティムコが83平方メートルを占める。店舗中央にはスノーピークのテントを張り、コンセプトであるキャンプフィッシングシーンを演出、キャンプをしながら釣りを楽しむ新たなアウトドアライフを提案する。スノーピークの売り場には、アウトドアギアとアパレル製品をほぼフルラインアップで展開。ティムコの売り場は、同社が手がけるアウトドアウエア「フォックスファイヤー」を豊富にそろえ、釣り具などのギアも一部取りそろえている。

売り場中央には、スノーピークのテントやキャンプ用品を展示し、釣りとキャンプを楽しむシーンを演出
売り場中央には、スノーピークのテントやキャンプ用品を展示し、釣りとキャンプを楽しむシーンを演出
ほぼフルラインがそろうスノーピークのアパレル売り場。難燃性素材を使った焚火シリーズなどキャンプシーンで着る機能的なウエアをタウンユースで使う人も多い
ほぼフルラインがそろうスノーピークのアパレル売り場。難燃性素材を使った焚火シリーズなどキャンプシーンで着る機能的なウエアをタウンユースで使う人も多い
ティムコが手がけるアウトドアウェア「フォックスファイヤー」を中心に、一部、ビギナー向けの釣り具も取りそろえている
ティムコが手がけるアウトドアウェア「フォックスファイヤー」を中心に、一部、ビギナー向けの釣り具も取りそろえている

 キャンプと釣りというアウトドアのカテゴリーを融合した店舗は、スノーピークでも初の試みだ。アウトドア用品チェーンはほぼすべての製品カテゴリーを網羅しているが、キャンプと釣りの専門ブランドがタッグを組むケースは珍しい。両社のコラボショップが誕生したきっかけについて、同店の雨森良太店長は「両社の共通点は自然を楽しむアウトドアブランドであること。当社会長の山井太がフライフィッシングを楽しんでいて、釣り好きなスタッフも多い。キャンプと釣りを融合することでファンを増やし、キャンプ市場の裾野を広げていきたい」と話す。