新興家電メーカーのバルミューダ(東京都武蔵野市)が2020年10月15日、同社初のサイクロン式コードレススティック掃除機「BALMUDA The Cleaner」を発表した。ほうきのようなデザインが特徴で、発売は11月17日、実勢価格は5万4000円(税別)。新分野参入の狙いとは。

バルミューダが2020年11月17日に発売するサイクロン式コードレススティック掃除機「BALMUDA The Cleaner」(実勢価格5万4000円・税別)。カラーはホワイトとブラックの2色
バルミューダが2020年11月17日に発売するサイクロン式コードレススティック掃除機「BALMUDA The Cleaner」(実勢価格5万4000円・税別)。カラーはホワイトとブラックの2色

掃除機カテゴリー参入の第1弾

 BALMUDA The Cleaner(以下、The Cleaner)はヘッドの前後に配置した2つのブラシローラーから吸引する「デュアルブラシヘッド」と、ヘッドを360度自在に動かせる「360°スワイプ構造」を組み合わせた独自の「ホバーテクノロジー」を採用している。デュアルブラシヘッドの回転が床面との摩擦抵抗を減らし、ヘッドの左右に配置したキャスターによって前後左右、斜めなど、自由自在に動かせるようになっている。

2つのブラシローラーから吸引する「デュアルブラシヘッド」。左右にキャスターを搭載する
2つのブラシローラーから吸引する「デュアルブラシヘッド」。左右にキャスターを搭載する
ヘッドを360度自在に動かせる「360°スワイプ構造」
ヘッドを360度自在に動かせる「360°スワイプ構造」

 本体がフロア近くにある下重心型を採用しているが、ヘッドを取り外してハンドルや隙間用ノズルを装着することで、ハンディー掃除機としても使えるようになっている。充電台に置くだけで充電できるスタイルで、約4時間の充電で標準モードなら約30分、強モードなら約10分の連続運転が可能だ。

ハンドルなどを取り付けることでハンディー掃除機としても使える
ハンドルなどを取り付けることでハンディー掃除機としても使える

 バルミューダは2010年にDCモーターを搭載する扇風機の先駆けとなる「GreenFan」を発売して大ヒットを飛ばし、注目を集めた新興家電メーカーだ。その後サーキュレーターや空気清浄機、オイルレスヒーター、加湿器などと空調カテゴリーのラインアップを広げてきた。15年には「BALMUDA The Toaster(以下、The Toaster)」でキッチンカテゴリーに参入し、その後は電気ケトル、蒸気式炊飯器、オーブンレンジなどをラインアップし、そのブランド力とミニマルなデザインで人気となっている。

 そんなバルミューダが今回掃除機を発売する狙いについて、同社の寺尾玄社長は「空調家電、キッチン家電に続く次の商品ジャンルを確立しようと、18年末に決めて開発してきた」と語る。

空調、キッチンに続く家電の新ジャンルとして掃除機に参入したバルミューダの寺尾玄社長
空調、キッチンに続く家電の新ジャンルとして掃除機に参入したバルミューダの寺尾玄社長

 「10年にGreenFan、15年にThe Toasterと、新しいジャンルを開いてきた。そろそろ次の商品ジャンルを切り開こうと考えていたところ、社内から『掃除機を作ってくれ』という声が上がった。できれば21年までに2製品を出し、その次の年には5つまでラインアップを広げたい。それによってバルミューダの存在感、我々ならではの価値観を提案できればと思っている」(寺尾社長)

 The Cleanerはヘッドから自在に動かせる「ユニバーサルジョイント」を経由して円筒形の本体、さらにはスティック状のハンドルにつながるとてもシンプルなデザインだ。「立てかけられた、一本のほうきのように。」というキャッチコピーが付けられているが、印象としてはモップに近いように思える。バルミューダのデザインはどの製品も無駄を徹底的に省いたミニマルが売りだが、その方向性はThe Cleanerでも変わらない。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>