新興家電メーカーのバルミューダ(東京都武蔵野市)が2020年10月15日、同社初のサイクロン式コードレススティック掃除機「BALMUDA The Cleaner」を発表した。ほうきのようなデザインが特徴で、発売は11月17日、実勢価格は5万4000円(税別)。新分野参入の狙いとは。

バルミューダが2020年11月17日に発売するサイクロン式コードレススティック掃除機「BALMUDA The Cleaner」(実勢価格5万4000円・税別)。カラーはホワイトとブラックの2色
バルミューダが2020年11月17日に発売するサイクロン式コードレススティック掃除機「BALMUDA The Cleaner」(実勢価格5万4000円・税別)。カラーはホワイトとブラックの2色

掃除機カテゴリー参入の第1弾

 BALMUDA The Cleaner(以下、The Cleaner)はヘッドの前後に配置した2つのブラシローラーから吸引する「デュアルブラシヘッド」と、ヘッドを360度自在に動かせる「360°スワイプ構造」を組み合わせた独自の「ホバーテクノロジー」を採用している。デュアルブラシヘッドの回転が床面との摩擦抵抗を減らし、ヘッドの左右に配置したキャスターによって前後左右、斜めなど、自由自在に動かせるようになっている。

2つのブラシローラーから吸引する「デュアルブラシヘッド」。左右にキャスターを搭載する
2つのブラシローラーから吸引する「デュアルブラシヘッド」。左右にキャスターを搭載する
ヘッドを360度自在に動かせる「360°スワイプ構造」
ヘッドを360度自在に動かせる「360°スワイプ構造」

 本体がフロア近くにある下重心型を採用しているが、ヘッドを取り外してハンドルや隙間用ノズルを装着することで、ハンディー掃除機としても使えるようになっている。充電台に置くだけで充電できるスタイルで、約4時間の充電で標準モードなら約30分、強モードなら約10分の連続運転が可能だ。

ハンドルなどを取り付けることでハンディー掃除機としても使える
ハンドルなどを取り付けることでハンディー掃除機としても使える

 バルミューダは2010年にDCモーターを搭載する扇風機の先駆けとなる「GreenFan」を発売して大ヒットを飛ばし、注目を集めた新興家電メーカーだ。その後サーキュレーターや空気清浄機、オイルレスヒーター、加湿器などと空調カテゴリーのラインアップを広げてきた。15年には「BALMUDA The Toaster(以下、The Toaster)」でキッチンカテゴリーに参入し、その後は電気ケトル、蒸気式炊飯器、オーブンレンジなどをラインアップし、そのブランド力とミニマルなデザインで人気となっている。

 そんなバルミューダが今回掃除機を発売する狙いについて、同社の寺尾玄社長は「空調家電、キッチン家電に続く次の商品ジャンルを確立しようと、18年末に決めて開発してきた」と語る。

空調、キッチンに続く家電の新ジャンルとして掃除機に参入したバルミューダの寺尾玄社長
空調、キッチンに続く家電の新ジャンルとして掃除機に参入したバルミューダの寺尾玄社長

 「10年にGreenFan、15年にThe Toasterと、新しいジャンルを開いてきた。そろそろ次の商品ジャンルを切り開こうと考えていたところ、社内から『掃除機を作ってくれ』という声が上がった。できれば21年までに2製品を出し、その次の年には5つまでラインアップを広げたい。それによってバルミューダの存在感、我々ならではの価値観を提案できればと思っている」(寺尾社長)

 The Cleanerはヘッドから自在に動かせる「ユニバーサルジョイント」を経由して円筒形の本体、さらにはスティック状のハンドルにつながるとてもシンプルなデザインだ。「立てかけられた、一本のほうきのように。」というキャッチコピーが付けられているが、印象としてはモップに近いように思える。バルミューダのデザインはどの製品も無駄を徹底的に省いたミニマルが売りだが、その方向性はThe Cleanerでも変わらない。

 掃除機という新たなカテゴリーにチャレンジして製品化を実現したバルミューダだが、後発だけに市場にその存在感をアピールするためには、他社の製品にはない“清掃体験”を実現しなければならない。社内で掃除機を作ってほしいという声が上がったときに寺尾社長が感じていたのは「(花王の)クイックルワイパーのほうが便利なこと」だったという。

 なぜクイックルワイパーよりも掃除機が不便だと感じていたのか。それは掃除機が「前後にしか動かせない」ことと、「取り出しにくい」ことだ寺尾社長は語る。

 「掃除機は人が操作する道具の中でも圧倒的に可動域が狭く、前後にしか動かせない。もう1つは取り出しにくさだ。わが家では掃除機を出しっぱなしにしていない。各社いろいろな掃除機を出しているが、部屋の中に赤や金色、紫など(のカラーリングで)、ある程度インパクトのある大きさの機械を置きたくなかった」(寺尾社長)

 従来の掃除機はヘッドを回転させられるとはいえ、基本的には前後に動かして掃除をするスタイルだ。「取り出しにくい」というのは寺尾社長らしい言い回しだが、要するに「部屋に置いておきたくなるようなデザインの掃除機がなかった」ということだ。

自在な動きを実現する「ホバーテクノロジー」

 1つ目の課題を解決すべく生み出されたのが、前後左右、斜めにまで自在に動かせる「ホバーテクノロジー」だった。

 「ホーバークラフトのように、少し浮きながら、もしくは滑るように動かせる掃除機があればいいのに。かつ、部屋の片隅や階段の手前、廊下などの片隅に置いてあっても自然な美しさがあったら買う。そう考えた」(寺尾社長)

 ホバーテクノロジーの“ちょっと浮いているような感覚”を実現しているのが、ブラシローラーを対面配置して、前後からごみやほこりをかき取るデュアルブラシヘッドだ。2つのブラシローラーが反対方向に回転することで床面との摩擦抵抗が減り、床上を滑るように動かせる。さらにヘッド左右にキャスターを配置し、自由に動かせるという仕組みだ。ヘッドの四隅には「ミニ四駆から着想を得た」(寺尾社長)という「角ローラー」も付けている。

ヘッドの四隅に取り付けられた「角ローラー」
ヘッドの四隅に取り付けられた「角ローラー」

 これらの工夫によって、壁際や階段を横にスライドするように掃除できる。正面からでは入れない狭い場所でも、縦方向にヘッドを回転させることで入っていける。「ヘッドを回しやすいようにスティック型のハンドルにした。(ハンドル上部に配置した)ボタンはオン・オフのほか、標準モードと強モードを切り替えられる」(寺尾社長)。

 ブラシローラーはワンタッチで取り外せて、ダストカップも含めて水洗いが可能だ。先述のようにハンディー掃除機としても使用できる。

 「専用のノズルセットも恐らく21年春にはお届けできる。バルミューダならではの独自性を持ったユニークな機能を準備しているので楽しみにしてほしい」(寺尾社長)

専用ノズルセットも21年春ごろに発売予定とのこと
専用ノズルセットも21年春ごろに発売予定とのこと

立てかけられたほうきのようなデザイン

 デザインはとてもシンプルだが、「置いているときに立てかけられたほうきのような自然さ」を求めたと寺尾社長は語る。

 「余計なことを一切せず、美しくなくてもいいから、その代わり自然なものを作ろうという考えでシンプルかつクリーンに仕上げた。試作品が出来上がったときに、自分の家のリビングの片隅や廊下、自分が生きている空間に置ける初めての掃除機を見たと感じた」(寺尾社長)

 発表会後にThe Cleanerを実際に使ってみたが、デザイン性と操作性の両面において、従来の掃除機とは全く異なるものだと感じた。

 電源をオンにすると、それまで少し重く感じたヘッドが軽く動かせるようになるのが分かる。前後左右だけでなく、確かに斜めにも動かしやすく、さらには左右の回転もしやすい。壁際に沿って掃除できるのはもちろんのこと、椅子の脚の周りをぐるりと輪を描くように掃除するのも簡単だった。

椅子の脚の周りを回転させて掃除できる
椅子の脚の周りを回転させて掃除できる
狭い場所でも、ヘッドを回転させることで掃除できる
狭い場所でも、ヘッドを回転させることで掃除できる

 疑似ごみを使っての試用だったため、実際の家庭の中でどのように掃除できるのかまでは分からなかったが、片手で動かしても、モップやほうきのように両手で持って動かしても扱いやすかった。デザイン担当者は「メーカー同士のスペック競争に陥りがちだが、The Cleanerによって清掃体験が変わるというのを実感していただきたい」と話す。

発表会場での清掃体験の様子
発表会場での清掃体験の様子

 バルミューダが10年に生み出したGreenFanや、15年に生み出したThe Toasterは、それまで“枯れた”と思われていた扇風機、トースターというカテゴリーに新たなブームを巻き起こしたといっても過言ではない。これらの成功によって、バルミューダは製品を発表するたびに、消費者から新しい何かを期待されるようになった。とはいえこれまで発売した製品がすべて、GreenFanやThe Toasterほどのイノベーションを起こせてきたかというと、そうとも言い切れなかった。

 The Cleanerを試用したところ、吸引力の高さを訴求するような製品ではない印象を受けた。しかし、清掃体験の点では従来のものとは明らかに一線を画す。「ほうきやモップのように自由に動かせる」という表現でどれだけその魅力が伝わるのかは未知数だが、これまでとは違う清掃体験は、他社にも大きな影響を与えるかもしれない。

(写真/安蔵 靖志)

この記事をいいね!する