日経クロストレンド「未来消費カレンダー」は、将来話題となりそうな新製品、新施設、商戦・イベントなどの予定を一覧できるサービスだ。新着情報を毎週金曜日に更新している。10月31日「ソニー、3DCG映像を裸眼で見られる空間再現ディスプレーを発売」など26件の情報を追加した。

【2020】
10月27日 「キングダム」ラベルのシングルモルトウイスキーが限定発売
小学館集英社プロダクションは、人気漫画「キングダム」ラベルの限定スコッチウイスキーを、ウイスキー専門サイト「WHISKY MEW(ウイスキーミュウ)」で発売する。「『秦国の武将』ラベル・グレンロセス2007」は限定239本。販売価格は、容量700ミリリットルで1万3000円(税別)。「『楊端和(ようたんわ)と山の民』ラベル・シークレットスペイサイド1991」は限定199本。販売価格は、容量700ミリリットルで2万2000円(税別)。ともに原材料はモルトで、原産地はスコットランド(英国)。

10月29日 KDDIやANAなど、愛媛・南予で観光型MaaSの実証実験を開始
KDDI、南予広域連携観光交流推進協議会、JR四国、全日本空輸などは、愛媛県南予地域で次世代移動サービス「MaaS(マース)」の観光型実証実験を開始する。検証は20年12月31日までの間で実施する。南予の鉄道や路線バスといった公共交通機関が3日間乗り放題となるデジタルチケットなどを販売。事前のアプリダウンロードや会員登録なしで利用できる。実証実験の結果を通じて、観光客らの利便性の向上、高齢化や人口減少などに直面する地方の活性化を図る。

10月30日 横浜スタジアムなど、観客数上限を緩和してプロ野球公式戦を開催
神奈川県、横浜DeNAベイスターズ、横浜スタジアムなどは、横浜スタジアムで開催されるプロ野球公式戦「横浜DeNAベイスターズ対阪神タイガース」を対象に、十分な感染症対策を講じた上で観客数の上限を80%に緩和して試合を開催する。今後の大規模イベント開催ガイドライン策定に向けた技術実証の一環として、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室と協議。専門家で構成される新型コロナウイルス感染症対策分科会に報告し了解を得て実施する。20年11月1日まで、2日間。

10月30日 ジーユー、「高機能フィルター入りマスク」3型を順次発売
ジーユーは、機能性とファッション性を追求した「高機能フィルター入りマスク」を順次発売する。着用しやすいベーシックタイプの「高機能フィルター入りMASK」(税別790円、2枚組)、ファッション性を求める女性向けにカラーバリエーションをそろえた「高機能フィルター入りBEAUTY MASK」(同990円、1枚+マスクケース)、デザイン性を高めた「高機能フィルター入りFASHION MASK」(同590円、1枚入り)の3型を展開する。

10月31日 ソニー、3DCG映像を裸眼で見られる空間再現ディスプレーを発売
ソニーは、高精細の3DCG映像を裸眼で見られる空間再現(SR:Spatial Reality)ディスプレー「ELF-SR1」を発売する。あたかもそこに物が実在するかのように見える空間映像を体験できるという。ゲームやCGクリエイター、建築家や車のデザイナーなどによる立体的なデザイン表現、ショールームや美術館でのディスプレー展示、店舗での立体サイネージなど、新たな映像表現の手段として提案する。

10月末 FCNT、ローカル5Gのネットワーク検証可能なスマートデバイス提供
富士通コネクテッドテクノロジーズは、需要の拡大が見込まれるローカル5G市場において、ネットワーク検証や実証実験用に利用できるローカル5G対応スマートデバイスを提供する。ミリ波とSub-6に対応。Non Stand Alone(NSA)方式及び、Stand Alone(SA)方式の両構成に対応したスマートフォンタイプの端末となる。Android OSで、カメラやGPS、マイク、加速度などの各種センサーを搭載。独自にアプリケーションを開発することもできる。

11月1日 渋谷スクランブルスクエア、「QWS FES2020」を開催
渋谷スクランブルスクエアは、共創施設「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)」(東京・渋谷)の開業1周年を記念して、「QWS FES(キューズ フェス)2020」を期間限定で開催する。通常は会員制の同施設を誰でも無料で参加できるよう開放する。開業以来、QWSで活動してきたプロジェクトの展示や、オンラインでバーチャル内覧を実施する。新たな試みとして期間中にQWSラジオも開設する。20年11月7日まで7日間。

11月1日 ザ・リッツ・カールトン 東京×資生堂、スパ限定新メニュー提供
ザ・リッツ・カールトン東京は、「ザ・リッツ・カールトン スパ 東京」(東京・港)において、資生堂「クレ・ド・ポー ボーテ」の最高級ライン「シナクティフ」を使用した「クレ・ド・ポー ボーテ シナクティフ」のフェイシャルトリートメントメニューを提供する。デコルテ、フェイシャル、頭皮ケアを集中的に行う2種類のエクスプレスコースと頭皮までを丁寧に施術する3種類のフェイシャルコースの全5コースを提供する。エクスプレスコースの価格は、30分2万円(税・サービス料別)から。

11月4日 MHD モエ ヘネシー ディアジオ、「グレンモーレンジィ ケーク」を発売
MHD モエ ヘネシー ディアジオは、シングルモルト・ウイスキー「グレンモーレンジィ」ブランドから、ケーキを楽しむときのワクワク感や、甘くておいしい幸せ感をウイスキーに込めた限定品「グレンモーレンジィ ケーク」を数量限定発売する。世界三大貴腐ワイン「トカイ」の樽に由来する蜂蜜やホワイトチョコレート、果実の風味が重なる甘美で複雑な味わい、軽快なミントなどを加えて仕上げた。ウイスキー自体の新たな味わいや、デザートとあわせても楽しさを味わえるウイスキーとして提案する。

11月4日 サントリー、「金麦<香りの余韻>」をイオングループ限定発売
サントリービールは、「金麦<香りの余韻>」を全国のイオングループの酒類取扱店(約4000店舗)で数量限定発売する。麦の味わいとホップのさわやかな香りのバランスに磨きをかけ、白ワインを思わせるぜいたくでさわやかな香りを生み出すネルソンソーヴィンホップと上面発酵酵母を使用。エールタイプならではのフルーティーで華やかな味わいに仕上げた。容量は350ミリリットルと500ミリリットル。アルコール度数は6%。

11月6日 ルノー・ジャポン、「新型ルノー ルーテシア」を発売
ルノー・ジャポンは、新型「ルノー ルーテシア」を全国のルノー正規販売店で発売する。第5世代として、フルモデルチェンジ。ルノー・日産・三菱のアライアンスにより新開発されたモジュラープラットフォーム「CMF-B」プラットフォームを初採用。高出力1.3L直噴ターボエンジンと電子制御7速AT(7EDC)による、スムーズで余裕のある走りを楽しめる。インテリア・エクステリアデザイン、プラットフォーム、パワートレーンの全てが刷新され、クラストップレベルの先進運転支援システムを備えた。

Apple、スマートスピーカー「HomePod mini」を発売

11月12日 パナソニック、「ベビーカメラ <KX-HBC200>」を発売
パナソニックは、離れた部屋にいる赤ちゃんの様子を200万画素(フルHD)の高画質でスマートフォンから見守ることができる「ベビーカメラ <KX-HBC200>」を発売する。写真や動画を記録でき、部屋が暗くなると自動的に赤外線LEDを点灯させる「ナイトモード」や、記録した1日の動画を早送りで再生する「タイムラプス」機能を搭載する。カメラの動作、音、温度を検知して赤ちゃんの様子や室温の変化をスマートフォンに通知できる。なお、利用にはインターネット環境と機器に対応した無線ルーターが必要となる。

11月16日 Apple、スマートスピーカー「HomePod mini」を発売
Appleは、音声アシスタントとしてSiriを搭載したスマートスピーカー「HomePod mini」発売する。外観は球形で、高さは8.5センチを下回る。スマートホーム機能も備え、プライバシーとセキュリティーにも考慮した。音響面では360度、どの角度からも豊かな音が響くよう仕上げた。各部屋に設置すると同じ楽曲を家中で再生できる。音声で天気予報やスケジュールなども確認できる。20年11月6日から予約を開始する。価格は1万800円(税別)。キャリアでは、KDDIが取り扱いを発表している。

11月19日 ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-S10」発売
富士フイルムは、Xシリーズの最新モデルとなるミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-S10」を発売する。小型軽量ボディーに、新開発の5軸・最大6.0段手ぶれ補正機能や最短約0.02秒の高速・高精度AFを搭載。ホールド性に優れる大型グリップや高性能なオート撮影機能を採用した。Xシリーズの本格的な撮影機能を備えながら、より快適に高画質な写真撮影ができる。

11月25日 ミズノ×ルカーノ、脚立や椅子になるフィットネスステッパー発売
ミズノは、デザインブランド「ルカーノ」を展開する長谷川工業とコラボレーションしたフィットネスステッパー「lucano foulage(ルカーノ フラージュ)」を発売する。MIZUNO TOKYO、MIZUNO OSAKA CHAYAMACHI、ミズノ公式オンラインショップなどで取り扱う。インテリア性を重視した踏み台昇降台で、手軽に踏み台昇降運動や脚立や台所で作業する際の椅子としても活用できる。

11月中旬 キヤノン、望遠鏡型カメラ「PowerShot ZOOM」を発売
キヤノンは、スポーツ観戦やバードウオッチング、旅行、子どものスポーツ応援など、さまざまな場面で見ることや好きな瞬間を撮ることを楽しめる望遠鏡型カメラ「PowerShot ZOOM」を発売する。重さは約145グラム。手のひらサイズに焦点距離100ミリメートル/400ミリメートル相当の光学ズームを搭載した。スマホと連携することで、スマホに表示されたライブビュー映像を見ながら静止画を撮影することができる。なお、リモートライブビュー時に動画撮影はできない。

12月2日 高島屋が「福袋」の予約開始 21年は予約販売に変更
高島屋は、21年の福袋を予約販売に変更する。高島屋各店では店頭での予約、WEBでは「高島屋オンラインストア」で予約を受け付ける。店頭で予約できるのは、日本橋店、新宿店、玉川店、立川店、横浜店、大宮店などの計15店舗。予約した福袋は20年内、または2021年1月4日以降に受け取れる。21年1月2日と3日は、店頭での福袋販売は実施しない。

12月2日 松田聖子のクリスマス企画アルバム「金色のリボン」再発売
ソニー・ミュージックダイレクトは、1982年12月5日に完全生産限定盤で発売された、松田聖子初のクリスマス企画アルバム「金色のリボン」をBlu-spec CD2で再発売する。発売当時はカートンボックス仕様アナログ盤(2枚組)と、カセットテープ(2本組)のみで発売。松任谷由実の「恋人がサンタクロース」(松任谷由実アルバム「SURF&SNOW」収録)をカバーして話題となった。初回生産限定盤は、当時封入されていた全20ページのフォトブックのCDサイズ復刻版を封入、オリジナル三方背ケース仕様で発売する。

2023年春 JR西日本、「モバイルICOCA(仮称)」のサービスを開始

12月 ニコン、フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7II」を発売
ニコンイメージングジャパンは、「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズ(ニコン FX フォーマット)ミラーレスカメラ「ニコン Z 7II」を発売する。有効画素数4575万画素の高画素フルサイズミラーレスカメラで、「デュアルEXPEED 6」の搭載によって約3倍(※SONY CEB-G128のメモリーカードを使用した場合、ロスレス圧縮 RAW【L】時/12bit時)の連続撮影可能コマ数を実現した。ユーザーの要望に応え、ダブルスロットを搭載した。

12月 「リプトン イエローラベル ハローキティ デザイン」発売
ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティングが展開する紅茶ブランド「リプトン」は、サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」と初めてコラボレーションした限定デザインの商品「リプトン イエローラベル ハローキティ デザイン」を発売する。全国のスーパーマーケットや一般小売店で順次取り扱う。

12月中旬 ホテルショコラ、チョコレートドリンクメーカー発売
ホテルショコラは、バリスタグレードの本格的な香りと味わいが楽しめるチョコレートドリンクメーカー「Velvetiser(ベルベタイザー)」を日本国内全店と公式オンラインストアで発売する。牛乳(またはナッツミルクや豆乳など)と、砂糖を極力控えたカカオの芳香高いチョコレートフレークを入れてボタンを押すだけで、ホットショコラを作ることができる。20年11月23日からホテルショコラ公式オンラインストアで先行予約を開始する。

12月中旬 ルイ・ヴィトン、新作スニーカー「A View」を発売
ルイ・ヴィトンは、21年春夏メンズ・プレコレクションの一部として、ルシアン・クラークとコラボレーションした新作スニーカー「A View」を発売する。カラーバリエーションは、ブラック&オレンジとホワイト&オレンジ、ブルーの3色。ブルーは21年1月初旬発売となり、国内ではルイ・ヴィトン 渋谷メンズ店のみで取り扱う。予定価格は各13万3000円(税別)。

【2021】
1月23日 映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が公開
映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が公開される。2007年に発表された第1作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの完結編となる。20年6月27日に公開予定だったが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策に伴う影響で公開延期となっていた。

4月1日 日本郵便、国際郵便料金の一部を改定
日本郵便は、国際郵便料金の一部を改定する。航空便扱いとする小形包装物、船便より速く航空便より安いエコノミー航空便扱いとする小形包装物、船便扱いとする小形包装物の料金及び小形包装物の特別料金(国際eパケット郵便物、国際eパケットライト郵便物、航空優先大量郵便物、航空非優先大量郵便物)を改定する。米国(グアムなど米国の海外領土を含む)宛ての料金に第4地帯料金を設定する。また、細分化されていた小形包装物の重量段階を、100グラム刻みに簡略化する。

【2023】
2023年春 JR西日本、「モバイルICOCA(仮称)」のサービスを開始
JR西日本は、利用客がスマートフォンでICカード乗車券「ICOCA」の機能を利用できる「モバイル ICOCA(仮称)」のサービスの開始を予定する。スマートフォンアプリの操作で定期券の購入や払いもどしやチャージなどが場所を問わずにできる。自動改札機や店舗での支払いは、スマートフォンを読み取り部にタッチすることで利用可能。スマートフォン画面上でチャージ残額、利用履歴などが確認できる。定期券の購入やチャージの代金は、サービスの利用開始時に登録するクレジットカードから支払う。

【2026】
2026年内 マイナンバーカードと運転免許証の一体化を開始
マイナンバーカードと運転免許証の一体化が、早くて2026年中に見込まれる。現在、異なるシステムで免許情報を管理する各都道府県の警察のITシステムを統一すべく、22年度から25年度にかけて共通のクラウドシステム化を目指す。カードの一体化により、免許証の住所変更や更新時の講習がオンラインで完結することなどが期待される。

この記事をいいね!する