京セラは2020年9月29日、コンセプトカーの「Moeye(モアイ)」を発表した。走行中、前方の路上風景をダッシュボードに映し、運転席の目の前が透けているように見える「光学迷彩技術」など、人間の視覚・触覚・聴覚・嗅覚を楽しませる京セラ独自の各種デバイスを数多く搭載した。安全性とエンターテインメント性を兼ね備えた、完全オリジナルデザインの「未来のクルマ」の提案だ。

コンセプトカー「Moeye(モアイ)」のデザインテーマは「時間」。エクステリアデザインはクラシックカーを意識した(写真提供/Fortmarei)
コンセプトカー「Moeye(モアイ)」のデザインテーマは「時間」。エクステリアデザインはクラシックカーを意識した(写真提供/Fortmarei)

 Connected(コネクテッド)、Autonomous/Automated(自動化)、Shared(シェアリング)、Electric(電動化)といった「CASE」と呼ばれる新しい領域で技術革新が進む中、クルマの概念は大きく変わりつつある。その中で京セラの「Moeye(モアイ)」は、車内空間を重視したコンセプトカーといえる。

 技術的な見せどころは光学迷彩技術だ。カメラで撮影した車前方の映像を、特殊な反射材で作ったダッシュボードにほぼリアルタイムで投映する。フロントガラス越しに見る現実の風景と、ダッシュボード上に投映した映像がつながり、ドライバーやパッセンジャーの目の前のボディーが透明化したように見え、視界が広がる。

カメラが撮影した前方の映像をダッシュボードに投映する。フロントガラス越しに見る現実の風景と投映された映像がつながり、目の前のボディーが透明化したように見え、視界が広がる(写真提供/京セラ)
カメラが撮影した前方の映像をダッシュボードに投映する。フロントガラス越しに見る現実の風景と投映された映像がつながり、目の前のボディーが透明化したように見え、視界が広がる(写真提供/京セラ)

 ダッシュボード上部の空間には、高性能な液晶ディスプレーからの投映映像を結像させ、オリジナルキャラクターの「モビすけ」がリアルに浮かび上がり、ドライバーを楽しくナビゲートする。これらの視覚的な工夫で驚きと楽しさを感じさせる。光学迷彩技術は、東京大学先端科学技術研究センターの稲見昌彦教授の協力を得て導入した。

ダッシュボードの上には、オリジナルキャラクターの「モビすけ」がリアルに浮かび上がり、旅をナビゲートする(写真提供/京セラ)
ダッシュボードの上には、オリジナルキャラクターの「モビすけ」がリアルに浮かび上がり、旅をナビゲートする(写真提供/京セラ)

 この他にも、パネルを指で触れたときに振動を発生させ、クリックしたことを伝える触覚伝達技術「HAPTIVITY」をインパネとセンターコンソールに搭載。聴覚に訴える振動スピーカー、嗅覚に訴えるアロマ芳香器などとともに、味覚以外の人間の4つの感覚を楽しませる。

このコンテンツ・機能は会員限定です。