京セラは2020年9月29日、コンセプトカーの「Moeye(モアイ)」を発表した。走行中、前方の路上風景をダッシュボードに映し、運転席の目の前が透けているように見える「光学迷彩技術」など、人間の視覚・触覚・聴覚・嗅覚を楽しませる京セラ独自の各種デバイスを数多く搭載した。安全性とエンターテインメント性を兼ね備えた、完全オリジナルデザインの「未来のクルマ」の提案だ。

コンセプトカー「Moeye(モアイ)」のデザインテーマは「時間」。エクステリアデザインはクラシックカーを意識した(写真提供/Fortmarei)
コンセプトカー「Moeye(モアイ)」のデザインテーマは「時間」。エクステリアデザインはクラシックカーを意識した(写真提供/Fortmarei)

 Connected(コネクテッド)、Autonomous/Automated(自動化)、Shared(シェアリング)、Electric(電動化)といった「CASE」と呼ばれる新しい領域で技術革新が進む中、クルマの概念は大きく変わりつつある。その中で京セラの「Moeye(モアイ)」は、車内空間を重視したコンセプトカーといえる。

 技術的な見せどころは光学迷彩技術だ。カメラで撮影した車前方の映像を、特殊な反射材で作ったダッシュボードにほぼリアルタイムで投映する。フロントガラス越しに見る現実の風景と、ダッシュボード上に投映した映像がつながり、ドライバーやパッセンジャーの目の前のボディーが透明化したように見え、視界が広がる。

カメラが撮影した前方の映像をダッシュボードに投映する。フロントガラス越しに見る現実の風景と投映された映像がつながり、目の前のボディーが透明化したように見え、視界が広がる(写真提供/京セラ)
カメラが撮影した前方の映像をダッシュボードに投映する。フロントガラス越しに見る現実の風景と投映された映像がつながり、目の前のボディーが透明化したように見え、視界が広がる(写真提供/京セラ)

 ダッシュボード上部の空間には、高性能な液晶ディスプレーからの投映映像を結像させ、オリジナルキャラクターの「モビすけ」がリアルに浮かび上がり、ドライバーを楽しくナビゲートする。これらの視覚的な工夫で驚きと楽しさを感じさせる。光学迷彩技術は、東京大学先端科学技術研究センターの稲見昌彦教授の協力を得て導入した。

ダッシュボードの上には、オリジナルキャラクターの「モビすけ」がリアルに浮かび上がり、旅をナビゲートする(写真提供/京セラ)
ダッシュボードの上には、オリジナルキャラクターの「モビすけ」がリアルに浮かび上がり、旅をナビゲートする(写真提供/京セラ)

 この他にも、パネルを指で触れたときに振動を発生させ、クリックしたことを伝える触覚伝達技術「HAPTIVITY」をインパネとセンターコンソールに搭載。聴覚に訴える振動スピーカー、嗅覚に訴えるアロマ芳香器などとともに、味覚以外の人間の4つの感覚を楽しませる。

“時間を駆け抜ける”体験を提供

 デザインを手がけたのはFortmarei(フォートマーレイ、京都市)の石丸竜平氏だ。モアイのデザインテーマは「時間」だ。「伝統から未来まで、自動車の歴史を駆け抜けるような体験を提供できるデザインにした」と石丸氏は言う。「外装はクラシックカーを意識した面構成で、全体のプロポーションをまとめた」というように、フランスやイタリアの古い時代の車を思い起こさせるスタイリングだ。一方で「灯火器類やドアミラーなどの外装のディテールや、ドアラインを含む細部の処理は幾何学的な造形」にすることにより、未来を感じさせるデザインにしたという。

 シートの形状は未来的だが、素材はクラシックなファブリックとレザー。ところが、ドアを開けて乗り込むと、目の前にはメーターもハンドルもなく、ダッシュボード全体を使った巨大なディスプレーが広がる。クラシックな印象は消え、未来へ一気に時間を駆け抜けるような体験が得られるという仕掛けだ。

 京セラがコンセプトカーを開発するのは2018年に続き2回目。前回はGLM(京都市)のEVスポーツカー「トミーカイラZZ」をベースとしたGLMとの共同開発で、サラウンドビューカメラやドライバーモニタリングシステムなど、運転支援システム関連技術に重きを置いていた。このときGLM側でチーフデザイナーを務めていたのが、当時在籍していたFortmareiの石丸氏だった。

インスピレーションの元となった様々なクラシックカー(写真提供/Fortmarei)
インスピレーションの元となった様々なクラシックカー(写真提供/Fortmarei)
エクステリアのアイデアスケッチ(写真提供/Fortmarei)
エクステリアのアイデアスケッチ(写真提供/Fortmarei)
エクステリアのキースケッチ(写真提供/Fortmarei)
エクステリアのキースケッチ(写真提供/Fortmarei)
車両パッケージの上にスケッチを重ね、3Dとスケッチを何度も往復しながらデザインを具現化していく(写真提供/Fortmarei)
車両パッケージの上にスケッチを重ね、3Dとスケッチを何度も往復しながらデザインを具現化していく(写真提供/Fortmarei)
センターコンソールに車両のメインシステムスイッチを配置し、ダッシュボードには何もない(写真提供/Fortmarei)
センターコンソールに車両のメインシステムスイッチを配置し、ダッシュボードには何もない(写真提供/Fortmarei)
画像投影の効果を最適にするため、ヘッドレストは天井に固定され、頭の位置に合わせてシートを上下左右に調整する(写真提供/Fortmarei)
画像投影の効果を最適にするため、ヘッドレストは天井に固定され、頭の位置に合わせてシートを上下左右に調整する(写真提供/Fortmarei)

【新刊予約受付中】
専門レポート『マーケティングDX最新戦略』

顧客に適時に適切な方法で売り込み、顧客に寄り添ってカスタマーサクセスを実現するにはどうすべきか。マーケティング×DXの戦略立案、実行に必要な打ち手がここに。
日経クロストレンド編集部、日経BPシリコンバレー支局、20人以上の専門家が執筆。600ページ以上に、国内100社、海外50社、1234のマーケテックソリューション一覧、打ち手を見つけられるマーケティングDXマップなどを掲載。
日経BPのマーケティングDX最新戦略サイトへ