eスポーツイベントの運営や配信、コンサルテーションを手掛けるRIZeST(東京・千代田)は2020年10月2~4日、eスポーツ大会「EDION VALORANT CUP」を開催した。注目すべきは、NEC、富士通、レノボといった国内外のPCブランドが競合関係を超えて協賛に名を連ねたことだ。旗振り役のエディオンに取材した。

2020年10月2~4日に開催された「EDION VALORANT CUP」の様子
2020年10月2~4日に開催された「EDION VALORANT CUP」の様子

 「EDION VALORANT CUP」はライアット・ゲームズ(東京・港)が開発・運営するゲーム『VALORANT』を使ったeスポーツ大会だ。招待された国内6チームが、賞金総額300万円相当をかけてトーナメント形式で対戦。試合は、プロゲーミングチームのSCARZが優勝した。試合を含めた同大会関連動画の視聴再生数は110万回を超えた。

 大会名に入っているように、同大会は、家電量販店のエディオンがトップスポンサーを務めている。また、デバイスサポートとして、マウスコンピューター(ブランド名「G-Tune」)、ロジクール(同「ロジクールG」)、ハーマンミラー、日本エイサー(同「Predator」)が、サポートとしてインテル、日本マイクロソフト、レノボ・ジャパン(同「レギオン」)、エムエスアイコンピュータージャパン、デル・テクノロジーズ(同「ALIENWARE」)、日本HP(同「オーメン」)、ASUS JAPAN(同「ROG」)、NECパーソナルコンピュータ、富士通クライアントコンピューティング、Dynabook、大塚食品(同「e3」)が協賛した。

VALORANT初となるオフライン大会。選手が会場に集まり、対戦した
VALORANT初となるオフライン大会。選手が会場に集まり、対戦した

 ここで注目すべきは、デバイスサポート、サポートの企業に、競合するPCメーカーがずらりと並んでいることだ。

 eスポーツに限らずイベントで協賛企業を募る場合、競合を排除する傾向が強い。1業種1社といったルールを決めている例もあるほどだ。だが、同大会ではトップスポンサーであるエディオンが旗振り役となって各メーカーに参加を促したことで、賛同を得られた。その背景には、エディオンとPCメーカー双方が持つ、eスポーツを盛り上げていきたいという思いがあった。

ゲーミングPC未参入のNEC、富士通も協賛

 エディオンはなんば本店にeスポーツコーナーを常設し、歴史の長いeスポーツチーム「DetonatioN Gaming」のスポンサーを務めるなど、eスポーツに力を入れている。コロナ禍の中、観戦だけでなく選手の対戦もリモートで行う完全オンラインのeスポーツイベントが多い中、同社は「eスポーツを盛り上げるためにオフラインで大会をすべき」と判断した。無観客での開催、観戦はオンラインのみとなったが、参加した各チームは会場に集まり、特設ステージで対戦する形を取った。

「EDION VALORANT CUP」は特設ステージを設け、チームを集めて行った
「EDION VALORANT CUP」は特設ステージを設け、チームを集めて行った

 eスポーツを盛り上げるために、もう一つ注力したのが協賛企業の獲得だ。同社は店舗で取り扱っているPCのメーカーに声を掛けた。「eスポーツは、話題にはなっているものの、世間的にはまだまだ浸透しているとは言い難い状態。eスポーツを盛り上げ、市場を拡大するためにも、PCメーカーには協力してもらわなければならないと考えていました。各メーカーにお声掛けしたところ、eスポーツを盛り上げたいという考えは一致していたので、競合関係を超えた大会協賛が実現しました」(エディオン営業本部商品統括部情報家電商品部長の田坂寛氏)。

 近年のeスポーツの盛り上がりは、ゲーミングPC市場の活況につながっている。エディオンのPCの売り上げも拡大している。ただ、期待するところまではもうひと伸びが必要。そのためにもeスポーツのさらなる周知や盛り上げが不可欠なのだという。

 この狙いは成功し、同大会開催期間に当たる20年10月上旬のエディオンのゲーミング関連製品売り上げは、前年対比で192%増になった。

 同大会の協賛企業には、競合するPCメーカーが足並みをそろえたことに加え、もう一つ注目したい点がある。それは、ナショナルブランドであるNECと富士通が入っていることだ。どちらも現時点ではゲーミングPCを発売しておらず、eスポーツに対する姿勢が分かりにくい状態にあった。それが今回、協賛企業に名を連ねたことは、ゲーミングPC市場への参入の布石とも考えられるからだ。

 「今回の大会には、協賛いただいたPCメーカーの方々もいらっしゃいました。eスポーツを生で見るのは初めてという方もいた。プレー中の臨場感や緊張感、実況による盛り上がりを目の前で見たことで、熱い気持ちになったようです」と田坂氏。現場でのそうした経験が、会社を動かすこともあるだろう。

 もしNEC、富士通の2ブランドが参入したとしても、日本のゲーミングPCのシェアが大きく変動するかは未知数だが、ゲーミングPCがより多くの人に周知されるのは間違いない。PCメーカーとして幅広い年齢層に浸透しているこの2ブランドが加われば、宣伝効果は数倍にも膨れ上がると考えられるからだ。