米アップルは米国時間の2020年10月13日、5Gに対応した「iPhone 12」やカメラ機能を強化した「iPhone 12 Pro」を発表した。iPhone 12の価格は8万5800円(税別)からで、10月16日から予約を受け付ける。低迷が続く日本の5G市場を加速する突破口になるか。

米アップルが米国時間の2020年10月13日に発表した新しい「iPhone 12」シリーズ。5色のカラフルなバリエーションと新デザイン、5Gへの対応が大きなポイントだ
米アップルが米国時間の2020年10月13日に発表した新しい「iPhone 12」シリーズ。5色のカラフルなバリエーションと新デザイン、5Gへの対応が大きなポイントだ

5G対応「iPhone 12」にコンパクトモデルも

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、例年よりiPhone新機種の投入が遅れるとしていたアップルだが、米国時間の20年10月13日に新製品を発表。注目を浴びた新iPhoneの1つは「iPhone 12」シリーズで、その最大の特徴はやはり5G対応だ。

 アップルは主要なスマホメーカーの中で唯一、5G端末を投入していなかった。そのためアップルは今回の発表に合わせて、米国最大の携帯電話会社であるベライゾンの最高経営責任者(CEO)であるハンズ・ベストバーグ氏をゲストに招き、5Gの性能や5Gがもたらすサービスを強くアピールした。

iPhone 12シリーズの発表の際には、米国の携帯電話会社ベライゾンのハンズ・ベストバーグCEOが登場するなど5G対応をアピール
iPhone 12シリーズの発表の際には、米国の携帯電話会社ベライゾンのハンズ・ベストバーグCEOが登場するなど5G対応をアピール

 5Gでは後発ということを逆に強みに変え、iPhone 12シリーズはアンテナの効率化などによってより多くの5G周波数に対応しているとのこと。日本ではNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3社のネットワークに対応するという。ただし30GHz以上の「ミリ波」と呼ばれる高い周波数帯に対応するのは、米国向けのモデルに限られる。日本をはじめ米国以外の国や地域に向けたモデルが対応するのは、「サブ6」と呼ばれる6GHz以下の周波数帯のみとなる。

iPhone 12シリーズで対応する携帯電話会社の5Gネットワークの中には、NTTドコモやau、ソフトバンクの名前があった
iPhone 12シリーズで対応する携帯電話会社の5Gネットワークの中には、NTTドコモやau、ソフトバンクの名前があった

 ボディーはかつての「iPhone 5」シリーズをイメージさせる、ややスクエアな印象のデザインに変更されたほか、ディスプレー素材も液晶ではなく有機ELの採用で薄型軽量化を図っている。チップセットは第4世代「iPad Air」で採用した最新の「A14 bionic」を搭載し、高度なゲームなども快適にプレーできる性能を実現している。

 カメラは広角・超広角のデュアルカメラ構造で、画素数はともに1200万画素。構成はiPhone 11と変わらないが、暗い場所での撮影性能が27%向上するなど、機能・性能面での向上が図られている。

 新たな仕組みとして注目なのが、磁石を使ってワイヤレス充電の位置合わせをしやすくする「MagSafe」。アップルはMagSafeをワイヤレス充電だけでなく、新しいアクセサリーを装着するインターフェースとしての活用を考えているようだ。発表でも背面に装着できるカードケースなど、さまざまなアクセサリーを提案していた。アクセサリーメーカーにとっては新たなビジネスチャンスとして期待されるだろう。

磁石でワイヤレス充電の位置合わせをしやすくする「MagSafe」。カードケースを取り付けられるなど新たなアクセサリー需要を生み出す可能性も高い
磁石でワイヤレス充電の位置合わせをしやすくする「MagSafe」。カードケースを取り付けられるなど新たなアクセサリー需要を生み出す可能性も高い

 もう1つ、iPhone 12シリーズのサプライズとして紹介されたのが「iPhone 12 mini」だ。標準モデルの「iPhone 12」は、ディスプレーサイズが6.1インチとスタンダードなサイズ。それに対しiPhone 12 miniは5.4インチディスプレーを採用し、現行の第2世代「iPhone SE」よりもコンパクトなボディーを実現している(関連記事:新型iPhone SEが変える「今欲しいスマホ」の価値観)。価格もiPhone 12が8万5800円(税別、以下同)からなのに対し、iPhone 12 miniは7万4800円からと安価に設定されていることから、とりわけコンパクトなスマホが好まれる日本では、iPhone 12 miniが人気モデルとなりそうだ。

iPhone 12シリーズには6.1インチの「iPhone 12」(写真右)と、新たに5.4インチディスプレーを採用した「iPhone 12 mini」(写真左)を用意。後者は価格も安く日本では人気が出そうなモデルだ
iPhone 12シリーズには6.1インチの「iPhone 12」(写真右)と、新たに5.4インチディスプレーを採用した「iPhone 12 mini」(写真左)を用意。後者は価格も安く日本では人気が出そうなモデルだ